かに。の徒然バトルライン 

8-senses製作の無料ゲームBATTLE LINEに関して色々と。あと対戦配信とかも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第9回FNBL事前レポート~英雄で見る環境のメタ~(後半)

2009年11月13日 | BATTLE LINE
かの高レートで有名なshadowさんも
ケーアイさんのブログで不定期連載中(でも、うちより更新頻度高いかもしれない……)の
『Battle Line 講座』で 「Battle Lineでは、攻めより守りの方が強い」と仰っていました。

ここからは、そんな厳しい環境の中で、前半で述べた強力な「守り」のデッキを打ち崩す
「攻め」のデッキにはどのようなものがあるか考えていきたいと思います。

【英雄で見た現環境で有力なデッキ】(攻め)
 ○パトリー デッキ
 ○速攻 デッキ(ピリカ、ギア、バルザック)
 ○その他


○パトリー(+スプリントアックス兵)
個人的には、この英雄こそが「攻め」デッキの希望の星だと思っています。
そして今回は特に、スプリントアックス兵 とのコンボに注目します。
テトリス以上の決定力、決まれば本当に即勝利のこのコンボは
早ければ10~12ターン、それなりでも17~19ターンに成立させられる可能性があります。
テトリスの発動は、18~20ターンが基本なので、その上を行くスピードで決められるこのコンボは
テトリスコンボに対しても十分に対抗できるパワーがあるでしょう。
反面、斧単デッキを使っていたらフロトン一体に封殺、
コンボを決めようと思ったら相手が槍デッキで攻撃力が足りない
というようなこともしばしば起こる、相手との相性によっては非常に脆いデッキにもなり得ます。
もちろんパトリーを引けなかった場合でも戦える方法は十分に用意しておく必要がありますしね。


○速攻デッキ(ピリカ、ギア、バルザック)
今回はあえて速攻デッキとしてまとめさせてもらいました。
序盤、相手のカードが揃いきる前に猛烈なチャージをかけて 一気に制圧してしまおうというタイプです。
展開によっては、どんなに上手いプレイヤー、強いデッキでも防ぎきれない爆発力を秘めています。
反面、序盤の攻めが決まらなかった場合、どう戦うかも考えておかないと
「速攻デッキ」ではなく「特攻デッキ」になってしまいかねません。
そして、攻め切れるかどうか、戦力を温存するかどうか、ユニットを布陣するタイミングなど、
他のデッキ以上に判断や決断を要求される場面が多くなります。
しかし、これらの英雄は延長戦でも十分有用な能力を持っている点は心強いでしょう。
第7回FNBLではギア・バルザックを採用したデッキをWILさんが使用していましたね。
また、同大会ではこの2体と同時にプルルを使ったデッキをtenteさんが使用していました。
速攻デッキかと言われると微妙なところですが、初手からの攻撃も場合によっては可能ですね。


○その他
有力なデッキとして、勝ちパターンを特定の英雄に依存しないものには
『民兵』や『魔兵』といったデッキがあるのではないでしょうか。
「勝利の犠牲→突貫」、「ドラゴンブレス→強行軍」と言った
制圧への特急コースを持っていますし、意外と安定感があるのも特長です。
BF以前になりますが、第1回FNBLで優勝したマオさんのデッキは民兵でしたね。
食料を削ることによってユニット数の底上げが為されているので、延長戦も戦えます。
安定性と、理想的なドローをしたときの爆発力をあわせもつ
これらのデッキは十分に強力なデッキだといえるでしょう。



以上が自分が考える、英雄で見た現環境の有力デッキでした

クリスタルやゼリグは、もしかしたら今回名前を挙げた英雄たち以上に
採用頻度が高いかもしれませんが、それを軸にしてデッキが組まれるような英雄ではないかと思います。

クリスタルを最終ターンに現地の案内人でとばして勝つ
ということは実際に対戦していると良くあるパターンなのですが
それをコンセプトにしたデッキは……おそらく少ないですよね?


と、そういえばコレは事前レポートと題する記事なので
最後にここで今大会での英雄の使用ランキングを予想しておきます。

1位は 今回も ゼリグになると思います。

汎用性が非常に高く単体でも十分に活躍する上に
テジロフとの相性も抜群な英雄ですからね~。

そのほかの順位に関しては根拠のない予想しか出来ないので、
遠慮させていただきます(オイ

プルル、ミョムト、クリスタル、パクノス、といった
定番&安定英雄が上位に来るとは思うのですが……。

ただ、ゼリグはパトリーデッキとの相性も抜群なので、
採用数に関しては  ゼリグ≧テジロフ+パトリー
といった感じになるのではないでしょうか?
なんとも女々しい予想でスイマセンm(_ _)m


以上、第9回FNBL事前レポートでした。


参加する皆さんは、どうぞお手柔らかにお願いします。

……じゃなかった;;

お互い優勝目指してがんばりましょう!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« …… | トップ | 第9回FNBL事前レポート~英... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。