KANEのフットボール日記

広島市安佐北区で活動するフットボールクラブのコーチによる日記です。

H29.5.13-14 【亀山SC】KUSUNA CUP U-11

2017-05-20 21:03:20 | 日記
5/13(土)~14(日)、ツネイシフィールドで行われた「KUSUNA CUP U-11」にU-11チームが出場しました!

主催のFC楠那さんをはじめ、運営してくださった皆さん、そして対戦してくださった皆さん、ありがとうございました!

初めて開催される2日間(5/13~5/14)の大会です。
楠那の大会なのに、ツネイシフィールドで行われました(笑)
昨年のB級コーチ養成講習会で一緒に苦楽を共にしたFC楠那監督の働き掛けで、B級講習会関係チームも参加する大会です。
これまで対戦したことのないチームと対戦させていただき、勉強になりました!


《ゲーム結果》
 ■予選ラウンド
  1-0 御幸(福山市)
  0-6 帝人(愛媛県)
  3-0 笠岡(岡山県)
  2-5 バイエルン(福山市)
 ■3位リーグ
  1-2 KUSUNA(広島市)
  3-0 徳島ヴォルティススクール(徳島県)
  0-3 徳島CSP(徳島県)
  2-1 水呑(福山市)

担当したコーチの思いをまとめると、内容は非常に悪いです。
正直、各チームの力が上であることを差し引いても、サッカーになりません。。。
勝ったゲームも、内容的には相手チームの方がかなり良かったです。

具体的には、攻守においてボールが来たときにプレーするような形です。
普段のトレーニングから、サッカーの原理・原則を押さえて、判断を伴ったテクニックの向上を図るため、きちんと求めるべきことを整理して取り組まないと…と感じたところです。

選手が上手くプレー出来ないのは、我々コーチの責任です。
本気で日常から変えていかないと、本当にまずいことになります。
我々コーチの意識とともに、必ず変えていかないといけません。

ゲームを重ねるごとに多少は球際で戦えるようになりましたが、やはり、サッカーにならないというのが現実としてあります。
なので、選手たちには、サッカーとはどういうものかを改めて何度も話をしました。

まず、サッカーを構成するものとして、味方、相手、ボール、ゴール、ピッチがあり、ボールを奪い合い、ゴールを奪い合うものだと。
やはり、普段のトレーニングで、どこまで意識してプレーするのかが重要です。

分かったことは、これまで、個々の能力でなんとかしていたこと。
これからは、グループで、チームで、サッカーをしないといけないです。

そういう原点を改めて確認することのできた有意義な大会でした!
関係者の皆さん、ありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H29.5.13 【亀山SC】みつや... | トップ | H29.5.13-14 【亀山SC】KUSU... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。