直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学園祭

2015年05月31日 | 日記
5月31日、学園祭。
前日までは雨の心配。今日は朝から強い日差し。午後からは強い風に悩まされましたが、何とか事故もなく、無事にお祭りを終えることができました。

私たちの施設は、現在の地に移転してから、地域に根付いた地域交流をしよう~ということで、新聞を作って一軒一軒のお宅を伺って顔が見える関係作りをしました。
そこから夏まつりが生まれ、約20年続けてきました。

また、保護者さんの会が企画運営されてきたバザーは、更に歴史があって、たぶん40年くらい続けてこられたと思います。

15年ほど前からは、なんじゃもんじゃまつり(文化祭)が加わって、学園では年に3回の大きなイベントを長年続けてきました。

近年、利用者さんの介護場面が増えたこと、事業所を細分化したことで、関わる職員が減ってしまい、これまで通りにイベントを運営することが難しくなったため、3年前これら大型イベントをすべて休止しました。

・・・
失ってみて、初めてその価値の大きさに気づくと言いますが、正にその通りで、利用者さんにとっても施設にとっても、これらのイベントは大切なものでした。

この3年間、イベントのコンセプトを再確認して、中身を精査し、応援者を増やすなど、イベント実現のため、再構築を進めてきました。

おかげさまで、なんじゃもんじゃまつり(文化祭)は、昨年復活することができました。
夏まつり・バザーをどうするかは、紆余曲折ありましたが、保護者会と協議を重ねて、創業月にあたるこの時期に、二つのイベントを合わせたものを実施することになりました。

保護者さん、職員さん、一生懸命準備を整えていただき、当日のボランティアの方々は、学生さんから懐かしい方々まで多くの皆さまにお手伝いしていただくことが出来ました。

地元のフラダンスクラブ様、高校の吹奏楽部様には、ステージを大いに盛り上げていただきましたし、学園の利用者さんも太鼓やダンスなど、皆さん楽しくパフォーマンスしました!

利用者さんの笑顔、多くの方々との出会い…
やはりイベントは大切です。
まだまだ、改善することはたくさんあります。これからも困難にぶつかることもあると思いますが、ぶれない魂を持って臨んでいきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

施設職員による虐待をなくさなくてはいけない

2015年05月30日 | 日記
5月30日、暑い一日でした。
午前中は、明日のお祭りのテント組み立て。保護者会の役員さんが手伝いに来て下さいました。
いつもいつも、本当に感謝です!

午後からもバタバタしているうちに、あっという間に日が暮れてしまいました。
それでも準備は整いました。
明日はきっと晴れるでしょう・・・

さて、今日はブログや、you tubeで、とても残念なニュースが配信されていました。2、3日前に民放で放映されていたようです。

施設職員による障がい者虐待・・・
とても残念です。映像を見ると心が締め付けられる思いです。

どうして虐待がなくならないのだろう。
今回の映像にあるような事案は「刑事事件」です。
事件にはならないけれど、障がいしゃ支援の分野でありがちなのは、「人並みに」「しっかり」「いい子で」という意識の強さだと思います。
支援者がこの意識が強くなると、段々とそれを達成するための手段が厳しさを増します。利用者さんとの関係が悪くなると更にエスカレートしてしまいます。

この傾向は、若い職員よりも、経験年数の長い職員(古い体質を引きずっている職員)、あるいは世話人さんなどの年配のパートさんにありがちな傾向です。
本人はそれを信じて一生懸命している(本人のために良いことをしている)と信じているので、意識を変えてもらうことは本当に難しいです。

どうすれば虐待がなくなるのだろう。
一言でいえば、施設職員はもっともっとソーシャルワークを学ぶべきです。そして、その価値を信じることです。
弱い立場の人が、自分から「頑張ってみよう…」と言う気持ちを引き出すことが大切です。これがエンパワメントです。
強要はだめです。
幸せになるためのプロセスがずれてしまうと、とても息苦しい関係になってしまいます。

施設職員の皆さん、色々とプレッシャーもあると思いますが、障がいのある人たちを温かく見守って、粘り強く待ってあげて欲しいと思います。
私もそういう実践を見せていこうと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部課長会議~2

2015年05月29日 | 日記
5月29日、月例部課長会議。

私たちの職場はもともとひとつの施設で、食事や入浴、排泄の介助から、就労支援、地域生活の援助まで、利用者さんのニーズに合わせて様々な支援を展開していました。

その後、法制度の変化による指導もあったのですが、相談や居宅支援(ホームヘルプサービス)が加わり、それぞれの支援が事業として展開することになって、現在に至っています。
そういう訳で、部課長の会議はそれぞれの事業所の考えを束ねて、「利用者さんの幸せ実現」という目標に向かっていく戦略を練る大切な会議であると思っています。

今日は、理事会、施設長会議の報告を通じて、26年度事業の報告と決算を理解していただくことや、虐待防止マニュアル等のリスクマネジメント、人財育成のための研修計画などの議案を話し合いました。

前回もお伝えしたのですが、これまでは「自分たちは現場の仕事(利用者さんに対する直接的な支援)をしっかりやればよい」という考えが根強く、経営は理事、マネジメントは施設長任せ、事務任せでした。

企業であれば、課長以上が売り上げやリスクなど、経営を意識して事業展開することが当たり前なのだろうと思うのですが、社会福祉事業所の課長クラス、特に支援リーダーは「より良い支援」がすべてであって、より良い支援をしていくための「経営者感覚」に疎いところが多いのではないかと感じます。
私自身、数年前まではそういう状態で仕事をしていました。

国による法人改革も進められるようですが、私たちとしては、現場リーダーである部課長さんが、経営やリスクマネジメント、人財育成を「自分たちのもの」として、主体的に展開していくような意識改革と仕組みづくりを粘り強く進めていきたいと思っています。

今日の会議は準備不足で、自己採点は35点です。
しっかりと準備をして、活発な意見交換が出来るような会議を目指します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結集する

2015年05月28日 | 日記
5月28日、今日は私たちが所属している、岐阜県知的障害者支援協会の総会がありました。
私たちにも議決権があるので、会に出席する義務があります。

事業報告、決算、事業計画、予算の審議で1時間30分以上かかりましたが、無事審議を終えてすべての議案が承認されました。

知的障がいの支援は、児童から高齢期を迎えた方、食事や入浴、排泄に支援が必要な方から、就労支援や生活援助が必要な方など、多様なニーズに応える支援です。

支援協会は限られた予算ですが、それぞれにより良い支援を目指して相互理解と研究を重ねるとともに、時には行政に対して意見具申をする使命がある団体です。

年々、会に参加する人たちが減りつつあるように思います。
どんな会でもそうなのですが、必要な情報はネットを介して集めれば瞬時に集まってきます。情報のやり取りも同様です。

しかし、人と人は実際に目と目を合わせて相互に話をすることで、より交流は深まりますし、議論を重ねることでより良い方針が生まれ、解決の糸口が見つかると思います。
ソーシャルワークの可能性はここにあります。

以前の私はその可能性が良く見えていませんでした。
目の前の利用者さんとしっかりとお付き合いを深めていくことはもちろん大切ですが、アウトリーチやソーシャルアクションも大切です。

もっともっとみんなが結集して、幸せ実現の使命が果たせますように・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保健指導

2015年05月27日 | 日記
5月27日、昨日は職員の保健指導がありました。

正式には「特定健康診査・特定保健指導」というそうで、一般には「メタボ健診」といわれるものです。

確か平成20年くらいから始まったと思います。私はその時からエントリー…(^^;;

その後、高血圧で倒れかけて、お医者さんにかかる「治療」になり、「指導」は終了しました。
高血圧は親譲りなので、付き合っていくしかありません。

メタボの基準など色々ありますが、中年になると、身体のケアは必要です。
私の両親はそれぞれに持病を抱えていますが、何とかやっています。
丈夫にこしたことはありませんが、自分の弱点を理解して付き合っていくしかないかなぁ~と思っています。

今日は、久しぶりにかかりつけ医に行ってきました。
服薬もサボり気味で、治療に不真面目な私を支えてくださる、優しいドクターには感謝です。

健康第一です~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加