直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

音楽の力 ~ Flashdance..What a Feeling

2015年07月12日 | 音楽の力
7月12日
今日も大変暑い一日でした。
暑さに慣れるまではもう少し時間がかかりそうです。

久しぶりに、音楽のお話をします。
今回は「Flashdance..What a Feeling」 / Irene Cara

私と同世代の方は、すぐにわかると思います。
1983年に公開された映画「フラッシュダンス」の主題歌。アイリーン・キャラの力強くリズミカルなボーカルは、あれから30年経った今でも口ずさみたくなります。(英語なのでうまく歌えません…^^;)

さて、この映画はバレリーナを夢見る貧しい女の子が、様々なことを乗り越えて見事オーデションに合格して夢をつかむ…
というアメリカンドリームそのものという映画です。

私にとっては、映画よりも1983年の夏頃から町のあちこちで流れていたこの曲に、とても思い入れがあります。
たしか、LPレコード(私世代以上は知っている…)を買った記憶があるのだけれど、どこへ行ったやら。

曲の中で何度も繰り返される歌詞
What a feeling! 「何という(素敵な)気持ち!」
Being's believing 「(存在を)信じること」
うまく訳せませんが、
当時からこの部分はずっと耳に残っています。

そして、
I can have it all 「私は何でもできる(夢はかなえられる)」
と歌います。

元気の塊のようなこの曲が流れていた、1983年(昭和58年)の夏が終わる頃…

あの頃私は、自分で決めて進んだ福祉の道だったのに、わずか半年足らずで挫折を感じて、大学を中退しようと悩んでいました。
(この話はまたどこかで・・・)
私にとってはそんな苦い思い出もある曲です。

でも、とてもいい曲です。
一度聴いてみて下さいね。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素敵な出会い | トップ | 寝不足の原因は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽の力」カテゴリの最新記事