直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

2016 非常勤講師 〜 見定める目

2016年10月13日 | 日記
10月13日
非常勤講師、4日目。

まず、先週やり残した、
・最低賃金
・ディセントワーク
・比較優位
についてお話しました。

今日の講義は「労働に関する法制度」
・生活の質と労働
・社会権と労働法
・フィラデルフィア宣言
・日本国憲法と労働法
・労働関係の法規
・労働三権、労働三法
・福祉的就労と労働法
・労使紛争解決

ここで時間切れとなりました。
今日は、労働に関する数々の法律の総称である「労働法」が、どういう経緯で生まれたのか。
日本では、どういった法体系のもとで労働に関する法律が形成され、位置づけられているのかを学ぶことをねらいとしました。

法律はいきなり降って湧いてくるものではありません。
経緯をしっかり見定めていくと、現状に合っているのか否かということも見えてきます。

学生さんには、是非そういう視点を持ってもらいたいと思いますし、私たちも同様に「しっかり見定める目」を養うことが大切なんだろうと思っています。

講義が終わった後、数名の学生さんから質問をいただきました。
本当に嬉しい!
ただ、答えられない問題が発生!?
ちょっと恥ずかしかった… (^_^;)
しっかりと調べて、来週にはきちんとお答えをしようと思っています。

学ぶということはそういうことですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反省を活かす | トップ | 考えているだけでは答えは出ない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL