直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第三者評価研究会

2016年10月28日 | 日記
10月28日
資源回収を予定していましたが、またもや雨の予報…
西の空を見てみると、養老山脈がまだ雲に隠れていない…
このところ、予定が延び延びになってしまっており、先方をいつまでも待たせるわけにはいかない。

「やるしかない」

決断して出かけました。
作業を始めてから気がついて、スマホで雨雲レーダーを確認。
遅いですね… (^_^;)

本降りになる前に資源回収を済ませることが出来ました。
よかった〜♪ (^o^)

・・・
夜。
お誘いをいただいて「第三者評価研究会」に出席しました。

福祉施設第三者評価とは…
利用者でも事業者でもない第三者(評価機関)が福祉施設・事業所と契約を締結し、サービスの内容、事業者の経営や組織マネジメントの力等を評価し、結果を公表する制度。(東京都福ナビ)

平成16年に厚労省の指針が発表されて、その頃に、私たちの施設も一度だけ受審したことがあります。

また、平成24年より児童養護施設においては、第三者評価が義務付けとなりましたが、私たち障がい者施設においては努力義務。
第三者評価のメリット、デメリットなど、以前から関心はあったものの、特に行動を起こすことなく、今日に至っていました。

今日参加した研究会は、大学の先生や施設長さんに加えて、施設の中堅職員さんも参加していて、お互いにフラットな意見交換。
現場の声を大切にするとともに、現場が学ぶ大切さを感じる会でした。

今日の学び
Ofsted(英国教育水準局)
イギリスは、学校や子どもの施設の監査を、独立した組織「Ofsted」が担っている。

・・
施設の説明責任など、管理責任を担っている私にとっては頭が痛い話ではありますが、自分たちだけではなく、日本の福祉現場全体の質を向上させていこうと思えば、大切なことだと思います。

まだまだ学ばなくてはならないことは、たくさんあります。
今日は、大変刺激を受けました!

お誘いいただいたことに感謝です。
これからも、よろしくお願いします!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 非常勤講師 〜 ハートに... | トップ | 感コン2016 グランプリ大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL