直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

映画の話 〜 息子

2016年10月16日 | 映画の話
10月16日
昼間は良い天気でしたが、天気予報通り夜になって小雨がぱらついてきました。
明日は大雨のようです。

久しぶりに映画の話
「息子」1991年 / 監督 山田洋次
私が大好きな映画監督、山田洋次さんの作品。

どれも秀逸な作品ばかりですが、「男はつらいよ」は別格として、以前ご紹介した「学校」と、この「息子」はとてもよくできた映画だと思います。

簡単なストーリー
三國連太郎演じる父親、昭男。
妻に先立たれて、岩手で一人暮らしの昭男には、3人の子どもがいる。
長男、長女はそれぞれに家庭を持って独立したが、末っ子の哲夫(永瀬正敏)は、東京でフリーター状態。
夏。母の一周忌。
不安定な生活を昭男に戒められた哲夫は、一念発起。
アルバイトを辞めて、下町の鉄工所で働き始める。
仕事はきつかったが、情に厚い先輩たちに支えられて、地道に仕事を続ける哲夫。
ある時哲夫は、取引先の薄暗い事務所でいつも一人でいる、事務員の征子(和久井映見)に一目ぼれする。
征子に聴覚障がいがあることを知って、驚く哲夫だったが、征子への愛は変わらなかった。
冬。
上京してきた父に、哲夫は「(征子と)結婚したい」と告げる…

私が書くと、安っぽい感じに見えてしまいます… m(_ _)m

「家族とは何か」「労働とは何か」「障がい」「老い」などなど
重いテーマが満載されていながら、重すぎないように描いていく山田監督の素晴らしさが、キラッと光る映画です。

哲夫が父親に、聴覚に障がいのある征子と結婚することを告げるシーン。

哲夫は「親父が何と言おうと、オラはこの子と結婚するんだ!」と力むのですが、
昭男は「あなたは本当にこれ(息子)の嫁になってくれますか」
と征子に優しく語りかけます。

障がいというよりも、「父親の気持ち」を強く感じるシーン。

嫁を迎える親父の喜びがとてもよくわかるのです…
静かに感動します。

脇を固める役者陣、田中邦衛さん、いかりや長介さん、
きつい仕事の鉄工所にあって哲夫が働き続けようと思うシーンは、彼らがいて初めて成り立つなぁ…と感じる演技力。
魅力たっぷりの映画です。

もしよろしかったら一度見てください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太鼓クラブ日誌Vol.19 〜 い... | トップ | 惹きつけるということ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL