直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016 大晦日

2016年12月31日 | 日記
12月31日
大晦日。
朝。
学園に行って、お正月を園で過ごす皆さんにご挨拶。
皆さんが笑顔で応えてくれたことに感謝。

夜。
岐阜の実家に帰って、家族で紅白歌合戦を観ています。
私はほとんど観ていませんが… (^_^;)

ささやかだけど、当たり前の幸せ。

・・・
幸せって何でしょう。

京都、龍安寺の石庭にあるつくばいには「吾唯知足」の文字が刻まれてあるそうです。

吾れ唯だ足ることを知る

自分が満ち足りていることを知り、貪りの心を戒めるという言葉。

分かっていても「欲」を捨てることが出来ないのが人間の悲しさ。
しかし、人びとの物欲が経済を成長させたとも言えます。

難しい問題です。
恥ずかしい話、私は「欲」で一杯です。

欲を捨てることではなく、欲と向き合いながら足ることを知るということかな…
そう思っています。

・・
幸せとは心が感じるもの

もう大人になった孫たちを見て、目を細めている私の両親を見ていると、本当にその通りだなぁと感じます。

来年は、ひ孫と対面出来る幸せ。

私にとっては孫!
まだ、心の準備がありません。

ひとつ言えること…
私は、家族に恵まれ、職場に恵まれ、仲間に恵まれて、本当に幸せだということ。

そして、、
私も、この歳になってようやく、為すべきことが見えてきました。

「吾唯知足」を理解しつつ、今に満足することなく、自分の器を一回り大きくしたい、懐を深くしたいと思っています。

障がいがある人もない人もみんなが幸せを感じる社会を目指して、来年も頑張ろうと素直に思える大晦日の夜。

家族、同僚、仲間、すべての方々に感謝して、、
皆さま、来年もよろしくお願いします!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グループホームのお餅つき | トップ | 2017 元旦に想うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL