直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福祉の仕事に就く人に絶対に読んでほしい55の言葉 / 阿部美樹雄

2016年12月22日 | 本の力
12月22日
曇り空の一日。
夜になって、風も出てきました。
明日からは少し荒れ模様…

町田福祉園 統括施設長 阿部美樹雄さんの著書。
「福祉の仕事に就く人に絶対に読んでほしい55の言葉」

タイトルが少し長いです… (^_^;)

「55の言葉」、、 言葉も多いですか…

一つひとつのメッセージは、500字というという制約の中で書かれた短いメッセージ。

しかし、その一つひとつには、著者である阿部さんが職員の育成に苦悩しながらも、一人ひとりの職員に想いを寄せてきた実践と気持ちを感じる一冊です。

この本は、町田福祉園を訪れる機会があり、たまたま出会った名前も知らない職員さんの自然で温かな挨拶に嬉しくなって、購入しました。
一気に読んでしまいましたが、その後もこの本はいつも私の机にあって、気になることがあると手に取って読み返しています。

・・・
本の一番初めのメッセージ。

「みんな“よくならなければ”ならないのです」

・・
そうなんです。
ダメではなくて、、
よくなるためにはどうすれば良いのか…
考えて、考えて、考え抜かなければならない。
それが私の役目です。

阿部さんはこのようにまとめています。

「自分が欲せられ、必要とされ、真価が認められていると感ずるようにしなさい…(中略)」

一人ひとりが大切な職員さん。
みんなで頑張っているから、これだけのことが出来ている。
一人ひとりが、今以上に自信を持って、自分が必要とされていると感じることが出来たら、、
もっともっと、たくさんのことが出来るようになる。

みんなが幸せに生きる社会に近づいていく…
きっと、実現できる…

・・・
人財育成…
このところ考え込んでいたのです、、、

「みんながよくなる」

何をすべきか再確認、、、
元気が出てきました。

若い職員さんはもちろん、管理職の方々にもお薦めの一冊です。
ぜひ一度、お読みください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪い思想を消していく | トップ | もしもピアノが弾けたなら… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本の力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL