直心是道場

障がい者施設に勤務しています。
障がいのことはもちろん、映画や音楽の話も…
日々想うことを書き記します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

感謝の一日

2017年04月08日 | 日記
4月8日
午前中は、法人の兄弟施設である双樹園さんの報恩供養会。

私たちの法人の初代園長は、元教員であり、お寺のご住職でもありました。
そういったご縁で、双樹園さんにはヒノキで彫られた慈限観音菩薩像が安置されており、年に一回 、園内安全および、関係各位の繁栄祈願と、物故者のご供養のため、報恩供養会が行われています。

羽島市長様をはじめ、地元の市議会議員さん、校長先生、地域の方々などにご参列いただき、利用者さん、ご家族、法人関係者が一同に会して、法要が営まれました。

もちろん、信仰は強要するものではありませんが、信心を持つことは心の支えになりますし、仏教でいうところの慈悲は、人は平等であるという、福祉の基本的な考え方につながると私は思っています。

今年も感謝の気持ちを込めてお参りさせていただきました。

お参りの後は、関係者の皆さまとの会食。
双樹園の職員さん、利用者さんの手厚いおもてなし。

多くの人たちの慈悲の心を感じるひと時。

感謝、感謝です。

・・・
午後からは、名古屋へ。
大学院で健康診断、情報ネットワークのオリエンテーション、そして履修登録…
今日は、通信課程のオリエンテーションもあって、とても賑やかなキャンパス。

“50代の新入生”は、履修登録の仕方も悪戦苦闘…
欲張らないように…と思いながらも、少しでも多くの科目を履修したくなります。
スケジュールと睨めっこしながら、何とか一次登録を提出しました。

家に帰ると、昨日から泊まりに来ている息子夫婦が家にいました。
かわいい孫に心が和みます。

ありがとう!

今日も感謝の一日でした。
おじいちゃんは頑張りますよ~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加