ちわきの俳句の部屋

メカ音痴おばさんの一念発起のブログです。
人生の後半を俳句にどっぷりと浸かって、…今がある。

弱り目に祟り目

2017年04月19日 | 日記

            「ねぇ~何か『三隣亡』に似た言葉知らない?悪いことが続く時に使うやつ…」

            「三隣亡でいいんじゃないか?」

            「でもねぇ~、辞書で調べたら『この日建築すれば火災を起し、近隣3軒をも亡ぼすという忌日』だって。

            人に害を及ぼすんじゃなくて、立て続けに害を及ぼされるの、なんか違う言い方があるんじゃ?」

            朝食時の会話です。すると、息子が起きてきて洗面所へ…「何?これ!」と飛び上がりました。

            一瞬何が起こったか分らず、ポカ~ンとしていると、目の前のドア-のところから水が押し寄せて

            来てるじゃありませんか。何が起こったのか…トイレの水?風呂の水?誰か栓閉め忘れた?

            旦那は急いで風呂場へ、私は雑巾を…見れば風呂場から玄関へ行く廊下なども水浸しです。

            もう、とにかくこの浸水を食い止めなくてはと、必死でした。

            奮闘すること2時間ですよ。結局洗濯機の排水ホースが外れていての出来事でした。

            この洗濯機、もうかれこれ15年、いや20年にはなるかも、いつも感謝して使っていましたが、

            とうとう謀反を起こしてしまったのかしら…などと思ったりしましたが、どうやら私がホースの上に

            重い洗剤の箱を乗せていたかららしいと旦那が言う。

            洗濯機さんゴメンね…こんなに頑張ってくれてるのに、疑って。

            今日は風が強いけど、でもいい天気…マットから絨毯まで洗濯物が山ほど出ても何とか乾きそう!

            有り難いことです。時ならぬ大掃除もできたと、ものは考えよう、感謝せねば!

            地震や土砂災害などに遭われた方々はこんなもんじゃないわよねぇ~、とつくづくそのご苦労が

            思いやられ、二人でしんみりと話したことでした。

            このところ4,5日前から心を傷つけられることが度々あって…、これぞまさに「弱り目に祟り目」です。

            することが山積みしてるけど、まあ、ちょっと気分転換に庭の花などを…

            採ったつもりの蕗の薹がこんなに…「蕗のしゅうとめ」という春の季語ですよ。(まだ呆けていませんが)

 

            八重の山吹と白山吹、普通の山吹は黄色で5弁、白山吹は別品種で4弁です。

 

                   著莪の花、雑草だけどトウダイ草も可愛らしい、

          この花は、母から貰って名前も聞きましたが…忘れました。球根で何もしなくても毎年咲いてくれます。

      

            これで、少しは気が晴れました。さあ、またガンバロウ! 

            

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮島の火渡り式 | トップ | 七重八重花は咲けども… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。