ちわきの俳句の部屋

メカ音痴おばさんの一念発起のブログです。
人生の後半を俳句にどっぷりと浸かって、…今がある。

茶摘み女

2017年04月29日 | 日記

今日は快晴。雲一つなく今までにないお天気です。

すると外でおらぶ(叫ぶの方言?)声がします。「笊持って来~い!お茶を摘むぞ~」と。

我家にはお茶の木が2本あり、それを毎年摘んでは、少しですが、自家製の手揉み茶を作ります。

勿論私じゃなく旦那が…だから私は〝早乙女〟ならぬ〝茶摘み女〟になるんですよ。

今年は急に暖かくなって、もうこんなに伸びていました。お茶は新芽を3葉摘むんですけどね。 

 勿論お茶はこれだけでなくもう一笊あります。ついでに甘夏も収穫しました。

そうそう、今年は田植えがなくなりました。15年間続けていた棚田オーナー制度が、高齢化のため

解散になったのです。淋しい~。我家は最初の1年だけ抽選に漏れて出来なかったので、14年間。

棚田のオーナーになって、田植え、草取り、稲刈り、脱穀、籾すりと、一応米作りのポイントだけは

経験したのです。勿論田植えは手、稲刈りは鎌で、乾すのも稲架を作って天日乾しです。

そうやって自分の手で育てた(?)米を食べようというのが、最初のきっかけでしたが、

そう思ったのもやはり俳句からだったのです。何でも自分で経験してみなくってはワカランと…

ホントに俳句の力はすごいですよ。色紙書くのに書道、そして俳画も、更にお茶にお花にetc….

そのオーナー制度を、残念なことに地権者の方々が高齢になって辞めることに。

だって始められたときが70歳だったんですよ、と言うことはもう85歳。

病気になられた方もいるし…自分の田圃だけで精一杯で、面倒を見ることが出来なくなったから、

と言うのが大きな理由でした。そうなんです。私たちオーナーはいいとこだけ体験させてもらって、

あとは全部お任せだったんですからね。無理は言えません。

その15年間には、春は田植え後の〝泥落し〟、季語で言うと「早苗饗(さなぶり)」のこと、

それから、筍掘り、山葵漬やコンニャク作りなど、夏は蛍祭に 素麺流し、秋は収穫祭、

冬になれば蕎麦打ち体験、餅搗きなど、それはそれは色々と楽しませて貰いました。

それが昨年末最後のしめ縄作りで、解散式をしたのです。

多少の年数の違いはあっても、みんな大きな家族のようなものでしたから、ホントに寂しかったですよ。

最初から参加されていたご一家が、「この子がこんなに大きくなりました」と高校生の娘さんと挨拶され、

まだ幼かった頃の写真などの、15年間の記録ビデオをみんなで観ると、ホントに涙!涙!です。

猪鍋も蟹汁も初めてだったし、ピーナツやサツマイモも収穫して食べたし…案山子コンテストも、

栗、柏餅、ぜんざいも食べたし…ああ~もう数え切れない!

三谷のみなさん、たくさんの想い出を有り難うございました。

さてさて、話を戻さなきゃ…そうなんです。つい茶摘みに興じて時間を忘れていると、娘から電話。

そうだ、今日は娘夫婦がランチをご馳走してくれるというんだったわあ…こりゃイケン!

案の定娘から「信じられ~ん!」と言われてしまいました。ゴメン、ゴメン。

実を言うと婿殿の誕生祝い も兼ねての食事会。

アリガタイことです。どうも今年は良いことと良くないことが、ごっちゃにあるような…

結婚して始めて旦那から貰った誕生日プレゼント、それもサプライズで…ナンテ!

それは、さておき今日の会場は…田圃の中にある小さなイタリヤレストラン。

初めての所でしたが、家庭的で料理もバッチリ、私たちだけの静かな空間が何とも心地よかったです。

窓が開け放たれ、自然の風をたっぷり入れて…

ちょっと早いですが、今日はまさに〝風薫る〟そんな日でした。

お腹もこころも、満腹、満腹!すると新緑のメタセコイアの枝に鳥が二羽…まるで祝福に来たかのよう。

あらあら、モズの求愛でした。(窓の傍だったのに写真撮り損ねました、悔しい!)

             

              

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水難の句会 | トップ | 御衣黄桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。