ちわきの俳句の部屋

メカ音痴おばさんの一念発起のブログです。
人生の後半を俳句にどっぷりと浸かって、…今がある。

お彼岸

2017年03月20日 | 日記

今日はお彼岸でした。正確に言うと「彼岸の中日」、春分の日です。なので母たちと四人で、広島まで行き、彼岸法要をして来ました。もちろんしっかりとお墓参りもしてきましたよ。

彼岸とは、春分と秋分とをそれぞれ中日として、その前後三日間ずつ、計七日間をを言い、昔からよく「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、この時期を境にして本格的な春や秋を迎えるようですね。俳句の季語としては、ただの「彼岸」は春を、秋の場合は「秋彼岸」「後の彼岸」と、使い分けますが、この時期になると、私はすぐに次の句が浮ぶんですよ。

  毎年よ彼岸の入に寒いのは

正岡子規の句です。この句に出会ったとき、なんと平易で分りやすく、それでいて心が引きつけられる句なのだろうと思いました。前書きに「母の詞、自から句となりて」とありますので、子規の問いかけに答えたお母さんのつぶやきを、ただそのまま子規は五七五にしただけなのです。こんなただ事でもこんな素敵な俳句になるのだと知って、本当にびっくり!

初学の頃は、俳句を特別なものだと難しく考えて、ない知恵を一生懸命ひねって詠もうとしていたのですが、…まさに目からうろこでした。でも、俳句をやっていらっしゃる方はよ~くご存じですよね。このだだ事がだだごとでないということが…。

こういう風に詠めることなんてめったにありませんから、もしそんな場に出くわして出来た句は、私たちは〝賜った句〟と言っています。やはりこういうことは日頃の心がけがよくないと……ね。

ところで、この寺に以前から句碑があるのは気がついていましたが、今回せっかくだから、ブログで紹介しようと写真を撮ってきました。ホトトギスの大御所、高濱虚子の句碑です。

  石船に灯る春のみなとかな

この句、調べてみても分りませんでしたが、「灯る」は、きっと「ひともる」と読むのでしょう。この寺は、昭和三年十月虚子曽遊の折句会が催され、広島ホトトギス会が結成されたところなので、第12回アジア競技大会広島記念俳句大会開催の記念として、平成六年に建立されたものだそうです。ちなみに掲句は、明治二十九年広島に始めて来た虚子が詠んだものらしい。

※この句は、正しくは〈百船に灯る春のみなと哉〉で、3月26日のブログ「失礼しました」を読んで下さい。

    

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日は馬醉木句会でした。 | トップ | テンプレートを変えてみました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。