ちわきの俳句の部屋

メカ音痴おばさんの一念発起のブログです。
人生の後半を俳句にどっぷりと浸かって、…今がある。

知覧武家屋敷群

2017年06月01日 | 日記

 ブログ休むとランキングがドンと落ちますね。まあ仕方ないことですけど…また、ボチボチ頑張りますので、応援よろしくお願いしす。

 では、鹿児島の旅を少しずつ振り返ってみましょうか。

 28日(日曜日)の15時、鹿児島中央駅集合。今回は男9名女4名の総勢13名でした。

 毎年実施した時に次回の予定を話し合うのですが、今年の鹿児島は宮崎在住の人が出やすいようにと決めたんです。が、当のご本人たちは用事で参加できなくて、飛行機の東京組、新幹線の関西組、自家用車の広島組と、九州以外の者ばっかりが…イヤ福岡・熊本がいましたね。そういうわけで到着時間もバラバラ、とにかく幹事さんは大変です。

 私と旦那は広島組の車に新山口駅で拾って貰いました。実は私たち二人は同じ大学の同級生なんです。学科もクラブも全く違うんですけどね。じゃどうして知り合ったのかって?それは、ヒ・ミ・ツ!でも、共通の友人が多く、結構一緒に参加したりして…仲良くやっています。

 この日は、3時鹿児島中央駅前を自家用車2台とレンタカー1台で出発の予定でした。ところがいろいろと集合やレンタカーの操作などに手間取り、30分以上も遅れたんです。計画は指宿に向かう途中、知覧特攻平和会館を見学して行く予定。が、到着が4時半前後になりそうなので、5時閉館の会館は無理ということで、これは次の日に変更。それで急遽知覧武家屋敷群を見てからということになったんです。

 予定通り4時半に知覧の武家屋敷群に到着して、駐車場に車を停め、さあ見学に行こうとしたときです。

 「車の鍵をレンタカーの店に置いてきた!」と。エエッとみんなびっくり。「どうやって運転してきたん???」

 「レンタカー屋ではエンジン掛けたままだったから…」と。その車の運転手が仕方ないから取りに戻ろうと言ったとき、他の車の運転をしていた者が降りてきて、「どうしたんか?あ!その鍵ならおれが預かっていたよ」とポケットから出すので、みんな「なあ~だ」とホッとしたんです。ところが、その鍵を渡そうとしたとき、「あ、これレンタカーの鍵じゃった」と。またまた、みんなガクンです。じゃあ取りに戻るしかないわね~と言い合っていると、先程の運転手が、「あ、こんなところに入れとったわ」と、ドアのポケットから鍵を出したんですよ。これで一件落着。でももうみんな、あきれるやら、あほらしいやら… まるで漫才でしたね~。

 キーレスの車、ホントに乗り慣れていないと怖いですよ。

 ここで少し「知覧麓の武家屋敷群」の説明をしましょう。

 江戸時代の知覧は当初、島津家の分家である佐多氏が地領として治めていました。現在残る武家屋敷群は、佐多氏16代島津久達(1651~1719)の時代もしくは、佐多氏18代島津久峯(1732~1772)の時代に造られたものではないかとされています。

 地区内は石垣で屋敷が整然と区切られ、名園の誉れ高い庭は母ヶ岳を借景にして、町並み全体が箱庭のような趣で、薩摩の小京都と呼ばれています。昭和56年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、「美しい日本の歴史的風土100選」「日本の道100選」にも選ばれ、更にまた、「建設省手づくり郷土賞」も受賞。地区内の7つの庭園は「優れた意匠で構成されており、またその手法は琉球庭園と相通じるものがあり、庭園文化の伝播を知る上でも貴重な存在である」として、国の名勝に指定されています。その庭園が公開されていて、7ヶ所共通で入園料500円、写真はそのうちの3ヶ所、上から「平山克己庭園」「平山亮一庭園」「森重堅庭園」です。

 この知覧には一度は来たいと思っていましたので、大感激でした。また、ここにしかない珍しい〝二ツ家〟も見られました。では続きはまたね。

  

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開聞岳 | トップ | グッドな砂むし温泉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。