kanekoの陸上日記

毎日更新予定の陸上日記です。陸上競技の指導で感じたことやkanekoが考えていることなどをひたすら書きます。

県新人〜自分自身のやるべき事〜

2016-09-19 | 陸上競技
県新人期間中、アクセス数が4000を越えていました。訪問者も増えていましたがアクセス数が異常に多かった。更新する元気はほぼないので全く出来てきません。それでもアクセス数が増えたのは何故なのか?謎です。

今回の新人、課題の方が多く出たと思います。それはそれで大切な事だと思っています。きちんとやるべき事が試合でできたかどうか。この部分は本当に大きいと思います。戦うというのはまずは「自分の持っている力を出し切る」事が必要になります。そこが出来ないままであれば「戦う」という話ではなくなります。

これから先は「個人が特定できる」と言われて批判されるかもしれません。が、私が感じた事をそれなりに書いておきたいと思っています。選手を否定するつもりはありません。それでも考えるべき部分があります。

複数種目で「戦う事ができない」という状況が発生しました。これも普段の練習の様子からすれば容易に想像が付きます。自分がやるべきとをやる。受け身にならずに自ら行動に移すという部分が必要不可欠なのです。男子棒高跳、女子やり投げは本気で入賞を狙っていました。単に入賞するのではなく中国新人に出場するレベルが目標。しかし、男子棒高跳では3m40を2度落としていました。私は遠くから見るしかできませんでしたが明らかに自分のパフォーマンスができていない。結果、戦う前に負けました。女子のやり投げも同様。2投目までは記録測定に届かず。3投目で測ってもらえましたがベストよりも4m記録が悪い。決勝進出レベルが26mでしたから普通に投げれば間違いなくベスト8に残る。が、それができませんでした。

練習は一生懸命やります。そこは負けていないと思います。が、上手くいかない時にその場で止まってしまいます。がむしゃらにやるというのではなく「上手くいかない」「どうしよう」という考えが頭の中を回ってしまい先に進めません。それなりに知識は入っています。でも最後の一押しが足りません。悩むことも必要だとは思いますがそこで止まっている場合ではない。自分が本当にやるべき事は何かを考えて行動に移さないといけないと思います。

結果、力を出し切れませんでした。真面目にやりすれば記録が出るというものではありません。そこの部分はこれから先に必要不可欠な要素だと思っています。チャンスは十分にあった。専門的な指導を受けるチャンスだけは与えました。専門的指導が出来ないのが悪いと言われれば確かにそうです。が、元来「スプリントとハードルしかやらない」と最初の段階で宣言してきました。それでも指導の幅を広げてやっています。言い訳のように見えるかもしれませんが私自身はマルチな指導はできないと思っています。それでも他の種目がやりたいという気持ちを持った選手がいれば対応はしたいと思っています。他校よりは専門的な指導が受けやすい環境を提供できていると思っています。

やるべき事をきちんとできるようにする。今できる最大限のパフォーマンスを発揮して負けたのであれば仕方ない部分もあると思います。が、そうではなく勝ちあがれなかったのであればやはり何かを変えていかなければいけないと思っています。他者は関係ない。まずは自分の力を出し切れるようになる。

この一年間で「競技者」に近づいてきていると思っています。しかし、まだまだ。これまでの流れが残っています。戦うためには本気でやらないといけません。本気でやっていないと思いません。技術を支える部分で足りないことがある。これは短距離も他種目も同じ事だと思っています。取り組みの姿勢の見直しです。真面目に一生懸命。これがうちの選手の特徴。学校の雰囲気もあると思います。が、こと勝負に関してはそれでは戦えないと思っています。考えないといけない部分だと思います。

この子たちは来年に向けて本気で考えてもらいたいと思います。直接話をしに来た選手には話をしました。来ない選手は今の所放置。私から何かアクションを起こすのか?これも以前から言っています。礼儀の部分だったりする。どうするのかを考えられない選手のままでは困ります。あえて放置。冷たいかもしれませんが。

戦うために何をするのかを。そこだと思います。失敗を次に活かせるかどうか。ここだと思っています。目指すところを明確にしてもらいたいと思います。それが出来ればもうワンランク上になるはずです。

また書きます。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県新人に至るまで | トップ | 県新人〜男女リレー〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む