kanekoの陸上日記

毎日更新予定の陸上日記です。陸上競技の指導で感じたことやkanekoが考えていることなどをひたすら書きます。

軽く動かす&もう一度基礎から

2017-06-02 | 陸上競技
水曜日、この日から練習再開。とはいっても3日間連続でレースをしている者もいますから様子を見ながらやろうと思っていました。

最優先は筋力的な部分かなという感じがあります。Mがレースが終わってから体幹部分が筋肉痛だと言っていました。試合が最大のスピード練習になっていたのだと思います。以前、mtm先生と話をした時に「普段は疲労がある中で走練習し続ける」と言われていました。フレッシュな状態で走るのは試合の時だけで良いんじゃないか?と。実際問題、今回のようにレースが連続すれば「疲労感」の中で走ることになります。その中で力を発揮し続ける感覚は必要かなと。

筋力的な低下があるだろうということで朝練の段階でDM投げ。ここ最近はその場でのローテーションでやっていましたが久しぶりに移動しながらのDM投げにしました。動きながらやる事も必要かなと。結局何が一番なのか分からないので。

午後からは中国大会組とそれ以外に分けました。最初に3年生から下級生に話をさせました。私も聞こうと思っていたのですが私が不在の中で終わっていました。うーん。こういう部分は大切にしたいのですが。全体には少しだけ話をしました。3年生の「最後の言葉」から何を感じ取るか。「想い」のある言葉が伝わるか。この部分は本当に大切だと思っています。

1年生に対しても。とにかく行動が遅い。上級生が率先して動く。周りを見ることができていません。これでは話にならない。2年生がきちんと話をしていないというのも原因だと思います。私がこういう部分まで指導し続けなければいけないようではチームとしては成長しません。

練習自体はダブルダッチをやってからその場でのDM投げ。中国組はそこまで一緒であとは補強としました。レースを通じて不足しているな、弱いなと思った部分を自分で補う。考えながらやるという感じでしょうか。

それ以外の者はグループに分けて基礎的な動きを。ここまでは県総体に向けての練習がメインでしたから細かい部分は指導できていません。もう一度基礎からやり直し。一律のメニューは提示せず2年生男子にそれぞれのグループを仕切らせました。3年生も来てくれていたので協力してもらいながらですね。本当にありがたい。

棒高跳に関しては「専門の指導者」ではないので(かなり根に持っている)、tkg先生にしてもらって指導を受けました。今年から山口県で働いているので競技と関わる場面を作ってあげたいなと。まーポールに関しては完全に任せているのですが。指導することに関してこちらのやり方などを見てもらいながらやっていけたらなと。

何度も書いていますが様々な人の力を借りながらやっています。自分だけでは出来ないことをアドバイスをもらったり助けてもらいながらやる。その方が間違いなく選手にプラスになります。最優先は選手がきちんと力を出すこと。「専門の指導者」と認めてもらえなくてもその時々にやれることはあると思っています。それで良いかなと。

最後は選手に任せてちょっと別件へ。私自身もある程度「個」としてやりたい事もあります。まーほとんどないのですが(笑)。多少なりとは。

もう一度。スタートラインに立つ。この感覚。忘れたくないですね。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回復&次に向けて | トップ | 再始動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陸上競技」カテゴリの最新記事