kanekoの陸上日記

毎日更新予定の陸上日記です。陸上競技の指導で感じたことやkanekoが考えていることなどをひたすら書きます。

一番上に合わせる

2016-12-13 | 陸上競技
続き。

1時間程度組み合わせ練習をしてから走練習。やはり走る練習が大切かなと。当たり前の話ですが。

並走から。これはバトン練習も含めてやります。上手くいくときはここでかなりスピードが上がります。この日も高いスピードを出す練習になりました。が、見ていて「最大スピードなのか??」という感じがありました。まだまだ緩めてる感じがありました。

もっと高いスピードを出すために何をするか。今度は60mを使っての並走にしました。60m地点でバトンパス。今回は「渡らなくても許す」という条件付き。渡すために緩めたりするのではなく「速い者に合わせる」ためにやりました。前が速い場合は少し詰めてスタート。後ろが速い場合は差を広げる。簡単な話です。

置いていかれたり、追いつけなかった場合はバトンが渡りません。強い者に合わせる練習。オーバースピードトレーニングになります。もう一方の選手は必死に走らなければいけなくなるからです。前からやっている練習ではありますがこの日は意識して実施です。

更に男女混合で60mを。これもグループで一番速い者が60mを走る。それ以外の者は走る距離を短くしてハンデをつけました。いつもは時間差でスタートさせています。が。これではなかなか追いつけない。そこで60m地点で横一列でフィニッシュするように距離のハンデをつけました。

これはかなり盛り上がりました。それぞれが全力で走ります。後ろから出る選手は前が見えますから必死に追うことになります。前から出る者は後ろから来る選手の存在が分かりますから手は抜けません。かなりスピードが出せる練習になります。単純な事ですが。

最大スピードを出す。このためにどんな工夫をするか。方法は様々だと思っています。この日に選手に配布した資料の中に「一番力がある者に合わせる」というものがあった。それが練習に対する発想を広げていきます。これは本当に面白いと思います。何かヒントがあってそれが練習に対しての考え方につながっていく。

決まり切ったメニューしかやらないというのも「あり」だと思っています。安定した練習をすることが出来るからです。次にやる練習が明確。しかし、私はそれでは「面白くないかな」と思っています。これは私自身の考え方なので正しいかどうかは考えたことがありません。柔軟に対応できるようになることも必要なのかなと。

チーム内で一番力のある者に合わせる。それができるような工夫をしていきたいなと思っています。力がない選手を強くするためにもすごく大切なことだと思っています。そうなると強い選手をもっと強くするために何をするかも考えないといけません。

こういう事を考えながら練習をするのは楽しい。選手に感謝したいと思います。私一人でいてもこんな事は感じられないからです。だからこそ一緒に練習出来る選手を大切にしたい。他の選手より圧倒的に大切にするのはうちの選手です。とうぜんですが。

この日はかなりスピードが出せていたと思います。これからのことを考えると本当に楽しくなります。来年度かなりの所まで行くのではないかと思っています。もちろん、これからの取り組みが大きく影響してくるのは間違いないですが。

楽しい時間でした。感謝。工夫次第で練習自体も変わります。これからも続けて考えていきたいですね。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 組み合わせての練習 | トップ | いつもの事ですが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陸上競技」カテゴリの最新記事