かなぶち鍼灸調体堂の「日々是”ラン”修行」な日々

修行の過程で分かったことを還元します。

営業案内です

2017年12月31日 10時15分39秒 | Weblog
【業務内容】
マッサージ(スポーツ系オイル、指圧)及び鍼灸による筋肉疲労/筋肉痛のケアを行っております。
※私自身、自転車競技(ロードレース)/ランニングを嗜んでおりますので、自らの経験をも踏まえ、適切な施術をさせて頂いております。

【所在地】
大阪市福島区野田3-6-23 ※割烹「魚鶴」さんの隣です。
・JR大阪環状線 野田駅から徒歩3分
・大阪市営地下鉄千日前線 玉川駅(6)号出口から徒歩30秒
・近隣にはタイムズJR野田駅前第二パークジャパン大阪福島野田第1駐車場など、時間貸の駐車場が複数あります。

【料金】
基本コース(約60分間):\4,000
月会費コース     :\8,000/月
※お支払いにはVISAカードも利用できます

【受付/予約につきまして】
・初めての方:必ず前日までに、電話/メールでお申込み下さい。
         施術中等で即座に応答出来ない場合もあります。その場合は、後程こちらから
         折り返しご連絡させて頂きます。
・2回目以降:施術終了後に、次回のスケジュールを確認させて頂きます。

【施術時間】
平日    :12時~22時
祝日:12時~20時
※定休日  :基本的に水曜日です。
※施術時間等については、お客様のご希望に応じ柔軟に対応させて頂きます。

【連絡先】
電話 :090-7350-6375
メール:kanabuchi.y@gmail.com
Facebook:こちらです。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

読書感想文「『走る』ための食べ方」(村野あずさ著 実務教育出版)

2017年05月23日 19時37分04秒 | The Runner's Edge
【身体データ】
体重64.10kg/体脂肪率9.1%→除脂肪体重58.27kg
安静時心拍数:48.7拍/分、HRV-Score:78.98

【ラン稽古】裸足Jog。
1時間04分11秒/10.61km→6分03秒/km
rTSS:98.6
平均心拍数:115拍/分

Luna Sandal "Venado"で走る日はJog(若しくはアクティブリカバリー)と割りきって、気持ち良さ重視で走るのが楽しくっていいかと思い始めています。「ペースは上がるもの、距離は延びるもの」と信じています。

標記の件、大阪市立図書館から借りてお試し読みしました。

理想は毎食「栄養フルコース型」=①主食②おかず(≒タンパク質)③野菜④果物⑤乳製品、というのは重々承知していますが、④⑤を毎食というのも少ししんどいです。合宿所で生活しているか、自宅生なら目指すべきですが。
ということで、教科書としてサラッと目を通す位が良い本でした。

一つ参考になったのは、プロテインの選択方法でした。本書によると
・ホエイプロテイン:リカバリーを早め、怪我をしにくく、走るための強い身体を作る
・大豆プロテイン :脂肪をためない、より引き締まった身体を作る
のだそうです。そう言えば吾輩、納豆は毎日食べているな〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューズの使い分け

2017年05月16日 16時02分30秒 | run
【身体データ】
体重:63.90kg/体脂肪率:7.7%→除脂肪体重:58.98kg
安静時心拍数:45.8拍/分、HRV-Score:80.09

【ラン稽古】裸足Jog。
58分43秒/10.17km→5分46秒/km
rTSS:97.7
平均心拍数:120拍/分
ペースはまずまずなのに、平均心拍数が意外と低いのが気になります。どうやって整合させるか、思案します。

※※※※
3月末にLuna SandalのVenadoOso 2.0を入手して以来、気持ち良いという理由だけでロード練習はもっぱらVenadoで走っていましたが、Adidas Vengeful Boostをたった300km強でお蔵入りさせるのは余りにも勿体無いので、当面は
Jog:Venado
ロング走:Vengeful Boost
トレイル:Oso 2.0
と使い分けることにします。
Vengeful Boostの耐用走行距離(≒常識的には〜800km)を迎えた後をどうするか、楽しく悩みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング/ランニングに於ける運動能力測定方法

2017年05月15日 17時17分23秒 | Weblog
【身体データ】
体重:62.35kg/体脂肪率:8.9%→除脂肪体重:56.80kg
安静時心拍数:54.4拍/分、HRV-Score:85.22

【ラン稽古】
スケジュール休です。

※※※※
標記の件、Training Peaksの記事を日本語化しました。引用元はこちら
何を目指すにせよ、現状を認知するのがスタート地点です。

サイクリング/ランニングに於ける運動能力測定方法
May 10, 2017 by Tyrone Holmes


 本稿では、あなたの現在の運動能力を評価する方法を幾つか紹介する。それらを行うメリットは3つある。それは、
(1)測定結果である乳酸閾値や機能的閾値パワー等を基に、トレーニング強度を設定出来る
(2)現在の運動能力が客観的に示される
(3)これ迄行ってきたトレーニング方法の有効性が判断出来る
である。

サイクリングに於ける運動能力測定方法

① 30分間タイムトライアル
 ウォームアップ後、30分間全力で走る。結果は、
・後半20分間の平均心拍数 =乳酸閾値に相当する心拍数(推定)
・30分間の平均パワー =機能的閾値パワー

となる。

② 20分間タイムトライアル
 Hunter AllenとAndy Coggan PhDは著書”Training and Racing with a Power Meter”で、運動能力測定方法として、より短時間のタイムトライアルを提案している。具体的には、ウォームアップ後、20分間全力で走るというものである。結果は、
・20分間の平均パワー×0.95=機能的閾値パワー
となる。例えば、20分間の平均パワー=240Wだとすれば、機能的閾値パワーの推定値=228Wとなる。

③ 8分間タイムトライアル×2本
 Chris CarmichaelとJim Rutbergはより短時間の測定方法を提案している。具体的には、ウォームアップ後、8分間のタイムトライアル(1本目)を行う。終了したら10分間クールダウンし、続いて8分間のタイムトライアル(2本目)を行う。結果は、
・1本目/2本目の測定結果の内、高い方の平均パワー×0.90=機能的閾値パワー
である。例えば、2本目の平均パワーの方が高く、その値が280Wであれば、機能的閾値パワー=252Wとなる。

①〜③何れの測定方法を選択したとしても、測定結果の評価方法は以下の4つが考えられる。

・機能的閾値パワーの経時変化
・①で分かる、乳酸閾値に相当する心拍数の経時変化
・①及び②での、走行距離の経時変化
・①及び②での、特定の距離(例:16kmなど)を走行するのに要する時間の経時変化

※3番目及び4番目については、コース/気候等といった環境による影響を排除する目的で、屋内でローラー台を用いるのが望ましい。

ランニングに於ける運動能力測定方法

① 30分間タイムトライアル
 ウォームアップ後、30分間全力で走る。結果は、
・後半20分間の平均心拍数=乳酸閾値に相当する心拍数(推定値)
である。

② 5km走
 Gale Bernhardtは著書”Training Plans for Multisport Athletes”で、運動能力測定方法として5km走を推奨している。方法は、ウォームアップ後、5kmを全力で走る。結果は、
・平均心拍数÷1.05=乳酸閾値に相当する心拍数
である。なお、5kmのレース結果を基にしても良い。

測定結果の評価方法は以下の3つが考えられる。

・①での、走行距離の経時変化
・②での、走行時間の経時変化
・①及び②で求められる、乳酸閾値に相当する心拍数の経時変化


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初トレイルランニングは面白かった

2017年05月11日 14時37分49秒 | run
【身体データ】
体重:61.55kg/体脂肪率:9.0%→除脂肪体重:56.01kg
安静時心拍数:53.2拍/分、HRV-Score:66.84

【ラン稽古】
今日はスケジュール休です。

※※※※
昨日、ようやく?トレイルランニングにデビューしました。
自転車ロードに乗っていた頃の土地勘がかすかに残っている、箕面の山中を走り回りました。コースはこんな感じです。

左下の箕面駅を起点に、時計回りに自然研究路や東海自然歩道を繋いだ24km弱です。

で、感想。
めっちゃ面白いです。

一歩山の中に入ると、聞こえてくるのは自らの呼吸音と鳥の鳴き声など「自然の音」のみ。周りを見渡しても樹木しか見えません。
そんな中でひたすら自らの身体と足元のみに注意を向けている内に、自然と「無心」になりました。
普段の生活@大阪市内は雑念だらけなので、大脳がリフレッシュした感じですし、大げさに言えば野性を取り戻した気もします。

肉体的にも、普段余り使わない筋肉を駆使し、骨にもいい刺激を加えられました。
これがロードでの走りに良い影響を及ぼすかどうか、これから観察します。

また行こうっと。
次回は「21世紀の草鞋」とも言える、Luna Sandal "Oso2.0”で臨みます。
段々と江戸時代に戻っている気がします…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンベル・クロスランナーパック7を背負っての裸足LSD

2017年05月07日 13時49分18秒 | run
【身体データ】
体重:63.55kg/体脂肪率:8.4%→除脂肪体重:58.21kg
安静時心拍数:55.1拍/分、HRV-Score:67.77

【ラン稽古】裸足LSD
2時間29分51秒/24.51km→6分07秒/km
rTSS:197.3
まずは裸足+Luna Sandal "Venado"で30kmを楽々走られるような脚を作るのが目標です。その上でスピードを追求します。

トレイルランニング用にモンベルのクロスランナーパック7を購入しました。

早速、今日のLSDで試してみました。
500mlのボトル×2本を背中側に入れ、補給食としてゼリー×2パック+井村屋の羊羹1本を入れました。
この状態で大阪城公園×4周しましたが、肩に食い込むような不快感は覚えませんでしたし、殆ど揺れませんでした。右側に入れたボトルだけが空になったアンバランスな状態でも、特に不都合はありませんでした。

トレイルランニング用のザックとしては最安値な商品ですが、良く出来ています。
ええ買い物でしたわー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅→桃→桜→、と来れば次は!

2017年05月05日 13時39分36秒 | run
【身体データ】
体重:63.20kg/体脂肪率:9.9%→除脂肪体重:56.94kg
安静時心拍数:56.1拍/分、HRV-Score:61.3

【ラン稽古】裸足でお花見Jog。
9.94km/1時間03分31秒→6分23秒/km
rTSS:80.1

2月から大阪城公園で梅→桃→桜と順々にお花見を楽しめましたが、いよいよ中之島バラ園で薔薇が咲き始めました。

と言っても、公園全体ではまだ三分咲といったところです。本格的に楽しめるのは来週末以降でしょうか。
勿論、随時報告致します。

※アクセス:地下鉄御堂筋線他の淀屋橋駅から歩いて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裸足LSD

2017年05月03日 18時05分12秒 | run
【身体データ】
体重:62.3kg/体脂肪率9.5%
安静時心拍数:57.2bpm/HRV-Score:58.67

【ラン修行】
裸足でLSD。2時間15分39秒/22.04㎞、rTSS:160

大阪城公園を3周+αしたのですが、内堀側ではBBQを楽しまれる方がわんさかいましたし、広場では餃子祭りが開催されていました。ランナーには拷問でした(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心機一転しなくっちゃ

2017年05月01日 15時52分34秒 | Weblog
【身体データ】
体重:63.10kg/体脂肪率:9.4%→除脂肪体重:57.17kg

【ラン稽古】
スケジュール休です。

4月は後半が雨だ何だでグダグダっとなり、結果としては171.34kmしか走っていませんでした。
反省です。
今月は「裸足ランに慣れる」を目標に、走行距離重視で臨みます。
天気が良ければトレイルにも行こうかなっと…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回旋筋腱板断裂の再生治療について

2017年04月20日 15時58分35秒 | Weblog
…という記事が米国国立衛生研究所(NIH)のニュースレターで配信されていたので、日本語化しました。原文はこちら

人間での応用はまだまだ先だとは思いますが、野球の投手にとっては朗報でしょう。

NIH Reserch Matters(2017/04/18)

回旋筋腱板断裂の治療方法について

【摘要】
・ポリマー繊維層で培養した幹細胞は、ラットの回旋筋腱板の修復に有効である。
・今後は、この手法が人間に応用されることが期待される。

【本文】
 腱とは、筋肉と骨をつなぐ繊維状の組織である。(上腕骨と肩甲骨で構成される)肩関節を安定させる筋肉及び腱をまとめて「回旋筋腱板(ローテーター・カフ)」と称する。加齢に伴い、回旋筋腱板は断裂し易くなる。多くの場合、回旋筋腱版が断裂しても症状は現れないが、痛み等の症状を伴う重度の断裂の場合、手術が必要となる。しかし残念ながら、回旋筋腱板は断裂に対し脆弱であることから、一度断裂した人では、その後に再断裂が発生する可能性もある。

 これ迄、より強靭で長持ちする”補強材”の開発が進められてきた。様々なポリマー素材を編んだり、網目状にしたりしたものが試されてきた。この分野に於ける最近の流行は、そのような補強材に細胞や成長因子を組み込んで組織に移植し、修復を促進すると同時にポリマー素材が消失する方法の開発であった。

 Caro Laurencin博士(コネチカット大学医療センター)を代表とする研究チームは、幹細胞をポリマー素材上で培養し、それを用いて(損傷した)組織の修復を促進する方法の開発に取り組み始めた。なお本研究に対しては、米国国立衛生研究所(NIH)傘下の国立関節炎・筋骨格系及び皮膚疾患研究所(NIAMS)が研究資金の一部を提供すると共に、米国国立衛生研究所代表が贈るパイオニア賞を受賞した。本研究はPLoS One(2017年4月3日付)で発表された。

 研究チームは、ラットの骨髄から採取した間葉系幹細胞を用いた。彼らは間葉系幹細胞を、腱組織の構造を模したポリマー繊維層上で5〜7mmとなる迄培養した。

 次に研究チームは、人為的に切断したラットの腱を縫合し、その上で
①試験区 :間葉系幹細胞を培養したポリマー繊維層を縫合部に移植する
②対照区(1) :間葉系幹細胞を培養していないポリマー繊維層を縫合部に移植する
③対照区(2) :何もしない(ラットの腱を縫合しただけ)
の3つを比較した。

 組織の組成を評価した結果、①による修復部位が本来の腱に最も似ていた。また、組織の機械的特性についても、①による修復部位が最も優れていた。

 そして①に於いてのみ、腱状組織に似た組織(の生成)が見られた。

(以下略)

※間葉系幹細胞:中胚葉性組織(間葉)に由来する体制幹細胞。間葉系に属する細胞(骨細胞、心筋細胞、軟骨細胞、腱細胞、脂肪細胞など)への分化能を持つ(Wikipediaより引用)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加