神田たかしです!

寄居町議会議員 神田崇です。

常任委員会

2017-06-14 10:56:58 | 委員会
昨日の常任委員会



定例議会の付託案件しんぎもありましたが、
一年間の研究テーマを何にするかも話し合いました。



私としては、私が委員長であった26年度と、昨年28年度にも同一テーマとなりますが、

小中一貫教育、一貫校について研究したいと申し上げました。


過去2回で、一貫教育についての理解度も、ある程度深まりましたが、
更に追求してもよいと考えたからです。


寄居町内において、一貫教育については議会文教厚生常任委員会がイニシアチブを取るくらいの構えで臨むくらいの気持ちがないと!

と、申し上げました。


29年度にスタートした、寄居町の第6次総合振興計画(長期計画)では、

男衾中学の新築改築も明言され、男衾小との一貫教育、一貫校の可能性を研究することは必須であると考えます。


28年度に、一年間の研究にともなう提言はおこない、一度は終結をしましたが、
それだけでじゅうぶんであるとは全く言えないと思います。



まだまだ様々な角度からの研究をする必要があると述べましたが受け入れられませんでした。


文教厚生常任委員会に所属する、男衾の議員さんは2人、

その2人の議員さんは、一貫教育には賛同していただけませんでした。


初めてのことをしようとする時に、これでじゅうぶんということなどありません。


残念に思いました。



ちなみに、今年度の研究テーマは、少子化対策ということです。



少子化対策、大変重要だと思うのですが、
現実は、どこも同じようなことをしていても子どもは増えていない。

目先のことを考えてもあまり意味がないと思います。


支援策=お金の補助をどこまでするか

財政が豊かな自治体にはかないません。
そういう意味では、寄居町は県内でもかなりのレベルの支援をしています。


でも、子どもは増えていない。



であるならば、一貫教育のような特色のあるカリキュラムで、
教育環境、教育レベルの向上を目指す方が良いと思ったのですが、、、、



スミマセン、だんだん愚痴っぽくなってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常任委員会 | トップ | テロ等準備罪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。