神田たかしです!

寄居町議会議員 神田崇です。

北の核実験施設で

2017-10-31 16:40:38 | 子供たちを放射能から守りたい
北朝鮮が先月に6回目の核実験を強行した後、実験場の地下坑道で大規模な崩落事故が起き、200人余りが死亡した可能性があることが分かりました。

北朝鮮消息筋によりますと、先月10日ごろ、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)の核実験場で、
地下坑道を造る工事中に崩落事故が起きました。


作業員約100人が巻き込まれ、さらに救助中にも崩落が発生し、
合わせて200人余りが死亡した可能性があるということです。


先月3日に実施された6回目の核実験の爆発で地盤が緩んだことが原因とみられます。

韓国の気象庁は「核実験場がある山の下に60メートルから100メートルの空洞ができているとみられる」という見方を示し、
今後、核実験をした場合、放射性物質が漏れ出す可能性があると指摘しています。


↑ ここまで



放射能が漏れだす危険性!!!


核爆弾の実験ですからね、原発事故より性質が悪いのか???



これからの時期、大陸からの風でPM2.5も飛んでくるわけで、
放射能漏れなどという事が起これば、日本にも影響がないわけがない。


北には、本当に困ったものです。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報道発表なく

2017-10-14 15:28:47 | 子供たちを放射能から守りたい




原発の老朽化、廃炉などもふまえ、
再生エネルギーへの転換を促す意味の補助金



大義名分がありながら、報道発表をしない



何か、違う側面があるのではないかと、勘ぐってしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大地震

2017-09-09 07:10:55 | 子供たちを放射能から守りたい
メキシコで大地震。



世界のどこかで大地震が起きています。

地球規模の話です。





福島原発が二進も三進もいかない中、
当の東電は柏崎刈羽原発の再稼動にまっしぐら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判

2017-07-01 09:30:17 | 子供たちを放射能から守りたい








福島第一原子力発電所の事故に関わる裁判




本当に想像を絶する、『未曾有』の大災害で想像を絶する被害が出たのは紛れもない事実です。


この大災害をきっかけに、『想定外』という言葉が大きく取り上げられるようになりました。






巨大津波を想定していたにもかかわらず、何の対策もしていなかったという検察側の主張に対して、

弁護側は、信頼できないデータであるとか、予測は不可能というような主張をしたと。






今更言っても仕方ない事ですが


仮に予測は不可能であったとしても、あの日、あの大地震の後、
自衛隊機などにより巨大津波の発生が確認され、その映像は報道されました。


津波が到達するまでに、少なからず何らかの対応はとれたはずです。




例えば大地震でなくとも、巨大津波ではなくとも、たとえば火災などはあり得ることとして想定していれば、
非常用電源への切り替えという行動は容易にできたのではなかったのでしょうか?



非常用電源が確保できず、冷却装置が停まり爆発に至ったわけです。



↓ ウェキペディアより


電力会社が設計上想定してきた最大8時間に収まらず、非常用バッテリーを使い切った


渋滞による電源車の遅れ


原子炉の電圧と合う電源車が62台のうち1台しかなかったこと


電源車の出力不足


↑ ここまで



電源車がないとか、出力不足とか、当時聞いて呆れました。



想定していないにもほどがある。



これは人災ですよ絶対に!!




事故や災害、死傷者が出ないと何も変わらない・・・



原発事故さえなけりゃ



原発事故さえなけりゃ



原発事故さえなけりゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ!

2017-06-23 07:39:58 | 子供たちを放射能から守りたい



そうだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加