KANCHAN'S AID STATION 4~感情的マラソン論

マラソンを愛する皆様、こんにちは。
「流浪のマラソン・ファンサイト」、今度はgooブログに移転してまいりました。

男子マラソンスタートはこのあとすぐ。

2016年08月21日 | 五輪&世界選手権
ネットに蔓延る、「マスゴミ」なる言葉は使いたくない。しかし、この数年、スポーツマスコミがマラソンの知識も、それについて語る語彙力も低下しているのは間違いない。 その端緒が8年前の北京五輪。マラソンで13位でゴールした尾方剛さんが、12位でゴールしたランナーと握手を交わしたが、そのランナーが前回。アテネ五輪の金メダリストだったステファノ・バルディーニだったことを、中継していたアナウンサーはスルーし . . . 本文を読む
コメント

男子マラソンスタートまであと半日~全員、伏兵。

2016年08月21日 | 五輪&世界選手権
お題「リオ五輪で活躍してほしい選手は?」に参加中!
女子マラソンは、またしても入賞ゼロに終わりました。これについては、別の機会に語ることにして、日本時間で今夜の男子マラソンを走る、三人の日本代表ランナーについて語ることにします。 今回の代表三人を一言で言えば、「全員、伏兵」ということになるでしょう。「エース不在」と思われている現在の日本のマラソン界ですが、それでも、昨年に2時間7分39秒をマークした「元祖・山の神」今井正人、ロンドン五輪6位、モス . . . 本文を読む
コメント

「リオ五輪で活躍してほしい選手は?~女子マラソン日本選手の活躍予想」

2016年08月14日 | 五輪&世界選手権
お題「リオ五輪で活躍してほしい選手は?」に参加中!
これもまた、gooからのお題となりますが、今夜の女子マラソン、注目は? ずばり、伊藤舞です。昨年の北京世界陸上のマラソン7位で代表権を得た選手ですが、その選考基準ともども、物議を醸しました。しかし、今、一番日本に必要なタイプのランナーなのです。今はもう、高橋尚子も野口みずきも土佐礼子もいません。それが現実です。かつての嶋原清子のように、「どんな条件下でも8位以内入賞の可能性大」なランナーです。3 . . . 本文を読む
コメント

「リオ五輪で楽しみにしている競技は?」

2016年08月14日 | 五輪&世界選手権
お題「リオ五輪で楽しみにしている競技は?」に参加中!
gooから出された「お題」に応えてみます。(いつもと文体を変えてみます。)ご覧の通り、メインテーマが「マラソン」ですので、マラソンに決まっています。今までずっとそうでした。ロンドン五輪で日本がいくつ金メダルを取ったのかは忘れてしまいましたが、男子マラソンの中本健太郎のゴールに思わず、テレビに向けて拍手した時の嬉しさは忘れられません。 五輪の「花」だったマラソンも近年はすっかり注目度が低くなってし . . . 本文を読む
コメント

月別マラソン最高記録(女子)

2016年07月26日 | 記録データ・ランキング
気持ちが盛り上がっているうちに、「女子篇」をアップしなくては。 日本の女子マラソンでも、同様のリストを作成してみた。 1月 2時間21分18秒 野口みずき (2003年大阪国際女子優勝) 2月 2時間23分56秒 尾崎好美  (2011年横浜国際女子優勝) 3月 2時間22分19秒 高橋尚子  (2000年名古屋国際女子優勝) 4月 2時間22分46秒 土佐礼子  (2002年ロンドン4位) . . . 本文を読む
コメント (3)

月別マラソン最高記録(男子)

2016年07月24日 | 記録データ・ランキング
五か月ぶりの更新である。もはやリオ五輪の本番もじわじわと迫っている。今更、四か月前の代表選考をめぐる話を蒸し返しても、どうかと思うので、一体何の話から始めようかと思ったところに、日本のマラソン界に少し明るいニュースが入ってきた。 7月3日に開催されたゴールドコーストマラソン、男子は川内優輝が2時間9分1秒で2位、女子は堀江美里が2時間26分40秒のコースレコードで優勝した。川内のタイムは彼自身に . . . 本文を読む
コメント (3)

10年目の東京マラソン

2016年02月27日 | マラソン時評
明日は東京マラソン。東京の中心部を交通規制して開催されるマラソン大会も今年で10回目を数える。第1回大会の翌週の週刊新潮がこの大会を「天下の暴挙」ともう批判したのも懐かしい。僕は物覚えが良い(根に持つ)方なので、この事は忘れないようにしようと思う。 東京マラソンが五輪マラソン代表選考レースとして行われるのもこれで3回目。最初の選考レースとなった2008年の大会は、一般参加の藤原新が2時間8分40 . . . 本文を読む
コメント

2016大阪国際女子マラソン展望

2016年01月30日 | マラソン時評
先日ガンで亡くなった、ジャーナリストの竹田圭吾氏がレギュラー・コメンテイターとして出演していた番組で紹介していた氏の言葉が耳に留まった。 「ジャーナリストは世論のエアコン」 あるいは「ジャーナリズム」だったかもしれない。熱くなり過ぎた世論に対しては、別の見方を提示することでクールダウンを図り、誰も目を向けないことは温めて多くの人に知らしめる、そんな主旨の言葉だったと記憶している。長い間開店休業 . . . 本文を読む
コメント

日本マラソン大賞2015講評 vol.2

2016年01月26日 | 日本マラソン大賞
パソコンが不具合でメンテナンスに出していたので、更新が遅れてしまった。早くしないと2月になってしまう。 まずはお詫びから。昨年、大晦日に発表したマラソン大賞2015。選ばれるべき選手を落としていたので、約4週間遅れで数名追加した。まずは、 ◎ベスト市民ランナー賞 昨年の愛媛マラソンに一般参加でエントリーして優勝した和田荘平を選んだ。廃部になった四国電力陸上部に所属していたランナー。郷里の徳 . . . 本文を読む
コメント

日本マラソン大賞2015講評 vol.1

2016年01月17日 | 日本マラソン大賞
日本マラソン大賞、どうにか昨年末までに公表することはできたが、講評については間に合わなかった。これを済ませないと、僕の2016年は始まらない。 まずは各賞について。 ◎特別功労賞 昨年の物故者に授与する賞であるから、毎年は選びたくない。女子マラソンランナーの先駆けだった、ミチコ・ゴーマンが79歳の生涯を閉じた。38歳でボストンマラソンを2時間47分6秒で優勝した際には日本のマスコミでも大き . . . 本文を読む
コメント