福島の誇れるものとは?

写真付きで食べ歩き日記や趣味を書くぐうたらブログ

武士道と騎士道!

2016年12月28日 19時28分12秒 | 日記
欧米と日本に共通するモラルは「卑怯なふるまいはしない。約束は守る」に尽きるようです。真珠湾攻撃寸前、日本本土からの宣戦布告の暗号解読に戸惑い、日本大使は英語文による宣戦布告を米国政府へ攻撃後に提出してしまいました。そのため、日本による真珠湾攻撃を「sneaky attack」と呼び日本人への憎悪を時の米国政府が米国民に植えつけました。当時の日本政府要人も提出遅れの事実を知り「恥じ」と感じたそうです。

そして真珠湾攻撃の75年後、安倍首相とオバマ大統領による和解のセレモニーが開催され、多くの人々が彼らの誓いの言葉を拝聴することができました。90歳を超えた米国海軍兵が「安倍首相は謝罪する必要はない。もう何年も前に和解が済んでいるのだから。」と話したことにも感動を覚えました。戦争当事者でもない子の世代は戦争を曳きずってはいけない。なぜなら子や孫の世代は戦争をしていないからです。憎悪を継承しては和解などできないからです。

二人の指導者が同じような人間の尊厳への言及をしたのが印象的でした。そのスピーチを記してみます。

安倍首相のスピーチ:

昨日私は、カネオへの海兵隊基地に、一人の日本帝国海軍士官の碑(いしぶみ)を訪れました。その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰るのをあきらめ、引き返し戦死した戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。攻撃を受けた側にいた米軍の人々です。死者の勇気を称え、石碑を建ててくれた。

碑には、祖国のため命を捧げた軍人への敬意を込め「日本帝国海軍大尉」と当時の階級を刻んであります。The brave respect the brave. 「勇者は、勇者を敬う」


片やオバマ大統領のスピーチ:

戦争末期、特攻隊の攻撃を受けた戦艦ミズーリのキャラハン艦長が、亡くなった日本兵のパイロットに敬意を示すため、日の丸にくるんで水葬するよう命じた例を紹介。戦後、日米の元兵士がともに花を供えて慰霊したことを挙げ、戦争の末に和解した究極の人間性を思い起こさせる出来事と紹介。



勇者は勇者を敬う。「たとえ敵でも、尊重するにあたいする」と引用した安倍首相に拍手を送りたいと思います。日本人であることに誇りに思わせてくれました。


それにしても寛容と和解力のないどこかの国とその国民。自分たちは絶対正義、敵対するものは絶対悪と定義して決して和解できない人々。国と国との約束すら政権が変わったらすぐ破棄するというある国の政治家。

こんな国とは未来永劫付き合いたくないですね。さて武士道と騎士道を理解する国だからこそ、日本と米国は友人となったのだと納得しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟糸魚川の火事に思う。 | トップ | 腰痛と初詣。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事