泌尿器科が好きなタダのおっさん

_とある医局の風景をつづります_

あるある

2017年10月19日 16時16分29秒 | 雑用

ご無沙汰しております。

引き続き、このブログを書く目的はウロを将来の科の選択肢の一つとして考えてくれている方々へ向けて書こうと思います。

 

先日、僕が日直をしているときのお話です。後輩から当直電話を受けとったすぐに、救急科から電話がありました。

救急車担当の先生からのお電話です。

『精索捻転疑いの男の子がいます。診てもらえませんか。』

 

救急に行くと男の子が痛がっています。精巣は横を向いていて、精巣挙筋反射も患側だけありません。

触ると硬く、痛みが強いです。

エコーでは疼痛がある精巣の血流がありません。。。。

 

うーん、困った、自分一人ではオペは。。。。どーしよう。やることはわかるし、だいたいできるかもだけど、、、

 

 

外科系ならこんな経験は誰しもあると思います。

ですが、僕らの場合(他の医局でもそうでしょうが)、先輩がいるんです。

そして僕もその日、偶然先輩がいたのです。救急からコールをもらった直後に部屋の外にでると、いらっしゃるではありませんか、准教授が。

助かった!と思いながら、まず一声をかけさせてもらいます。

『精索捻転疑いの男の子が救急搬送されており、まだ実際は捻転かわからないのですが、一緒に診て頂けませんか?』

 

そして、一緒に診て頂き、opeの方針に。

 

よかったー、先輩がいて、、、頼れる先輩がそばにいてくれて、と思える瞬間でした。

 

オペが終わって(オペは問題なく終了)、医局に戻るとき、そういえばブラックジャックによろしくにこんな1シーンがあったなーと、、、主人公がバイト先の病院ですごい重症患者をひいて誰にも頼れず泣いている、、、そんなシーンです。

だれしも一度は経験したことがあると思います。

 

でもこの医局はなにかあったら電話を掛けられる先輩がいる、一人目の先輩が繋がらなくても二人目三人目の先輩もいる、そんなところが医局なんだなと、心から、また改めて医局のありがたみを知りました。(ブラックジャックによろしくでは主人公はバイト先の先輩にはかけてましたが、深酒で眠っていたため電話にでられず助けてもらえなかった気がします)

 

 

他大学の先生に『そんなのうちの医局も一緒だよ。』と言われたらそこまでです。

しかし、そんなあるあるエピソードですが、若い学年の外から来る人で、もし心配な人がいて、もしその人が読んでくれて、少しでもその人の不安が取り除けたら幸いです。

 

 

最後に一緒に診て下さり、オペも一緒に入ってくださった准教授の先生をはじめ、救急対応してくれてカルテを書くより先に泌尿器科に連絡してくださった救急担当の先生、麻酔科の先生、オペ室ナース、そして患者さんを看てくれている病棟ナースに感謝申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆様こんばんわ

2017年10月16日 19時34分18秒 | 雑用

おひさしぶりです。

Yです。

最近さむいですね。

皆様体調にだけはお気をつけてください。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

続・専門医試験

2017年09月30日 23時35分44秒 | 雑用

皆さんこんばんわ。

急に冷えるようになりましたね。そろそろ風邪をひくんじゃないかと心配なキラキラネーム1号です。

さて、これまでsoogle先生やマッキー極細先生が書いていた通り、今年は我々にとって大きな壁となった専門医試験がありました。

試験後に一人飯を食いに行った人もいれば真っ白に燃え尽きていた人もいるようですが、私の場合はホテルに戻って、何も考えずにふて寝でしたね。それほどの衝撃をもたらした専門医試験ですが、大阪で修行中の者も含め同期4人無事合格することができました!!

一人だけ落ちるんじゃないか、とか本当に心配していましたが、ようやく枕を高くして眠れそうです。諸先輩方には、色々と悪魔の囁きを頂きましたが、後輩の皆さんには、キチンと勉強するようにとお伝えしたいところです。

折角専門医に合格したところですが、10/13までに振り込みを忘れて取り消しにならないよう気を付けたいと思います。帰宅までが遠足なら、振り込みまでが専門医試験ですね。

明日から10月。衣替えとともに病棟でもチーム替えがあり、新しいチームで心機一転頑張っていこうと思います。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

旅立ちの秋

2017年09月24日 18時59分53秒 | 雑用

こんばんわ、マッキー極細です。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋と申しますが、我々の業界は、学会の秋とでもいいましょうか。

忙しい時期に突入しました。

先の専門医試験では、soogle先生のコメントにもあったように非常に難しく、もともとなかった自信ですが、それすら木っ端微塵に打ち砕かれました。

「あしたのジョー」のあの有名なラストシーン状態です。

とはいえ、終わったことはしょうがなく、今後の学会準備に追われている今日この頃なわけです。

みなさん、一緒にがんばりましょう。

休みたい…

 

先日、偉大な先輩である成〇先生が当教室を卒業され、新天地東京へ活躍の場を移されることとなりました。

個人的に一緒に仕事をさせていただいた時間は短かったですが、アフター5で大変お世話になりました(笑)

この場を借りて感謝申し上げたいと思います。

東京に行かれても、我々のことは忘れずにいてほしいです。

さらに金沢と東京の架け橋になっていただけることを期待しております。

ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空前のリッチチェアブーム

2017年09月17日 19時03分39秒 | 雑用

こんばんは

先日研修医時代から愛用していたPCが突然あの世へ行ってしまい、急遽新しいお供を購入することになり、痛い出費ではありましたが、やはり新しいというだけでサクサク快適なわけで、デスクワークはかどることを期待しているNKNです。

現在台風18号が猛威をふるっていますが、皆様の地域は大丈夫でしょうか?

 

さて、9月に入ってからの医局の若者の部屋の変化といえば。。。お兄様方の椅子が突然、次々とリッチ化しております。

いわゆる、しゃちょーとかきょうじゅーとか、偉いお方がデスクで座っていそうな、本革とかよさげな生地でできていて、頭の先まで背もたれがあり、リクライニング機能がしっかりとあり、そのため昼寝もでき、なんならまぁついでに仕事もはかどってしまうという、そのタイプの椅子です。

なんせ、そんな立派な椅子が急にダンダンダンとそのスペースに現れたので、なかなかの威圧感あります。(1区画に4つのリッチ椅子!)

 お兄様方は「仕事の効率化が一番の目的だ。」ということらしいので、当直のときなどお兄様方不在のときは、リッチチェアで少し休ませていただいてもいいのかなと思います


それでは残り1日となりましたが、良い連休をお過ごしください

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

専門医試験

2017年09月17日 14時59分13秒 | 雑用

どうもお久しぶりです。soogleです。

つい先週のことですが、9月9日に東京国際フォーラムにて泌尿器科専門医試験が実施されました。

私を含めてキラキラネーム1号やマッキー極細など当医局から4名の烏合の衆が試験に臨みましたが……

メッチャムズイ

というのが感想です(苦笑)。問題が難化したように感じるのは気のせいでしょうか…。そういや、受験勉強や定期試験でも自分の受けた試験は全部難化したような気分になっていたような気もしますが…。

5学年上の先輩が試験後に同会場の相田みつお美術館で心を癒されたとの思い出話を聞いたことがありましたが、僕もその気持ちはよく分かりました(笑)。 まあ後は気長に結果を待つだけなので全員受かることを祈っています。

試験後に時間があったので東京駅の六厘舎に行って来ました。非常に濃厚な味わいでした。外国人も多くいましたが、魚粉の味とか口に合うんでしょうかね…、感想を聞いてみたかったです。

季節の変わり目でもありますので皆さん体調にはお気を付けください。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

最大尿流率90ml/s

2017年08月06日 11時59分08秒 | 学会

おはようございます。TERAOです。

 
東京にて第11回下部尿路機能教育先端セミナーなる勉強会に参加させてもらいました。
 
この会は排尿機能学会主催にて、若手泌尿器科医にもっと排尿機能、評価について興味を持ってもらおうという趣旨の勉強会でした。
 
下部尿路の血流障害と低活動膀胱の2つの新しいトピックに加えて、二分脊椎、
尿流動態検査の基本と症例検討会という盛り沢山のメニュー構成でした。
 
症例検討会では、6人のパネリストが参加者から選ばれて尿流動態検査(UDS)を読んで治療法を考えていくというもの。
やはり、実臨床では、尿流量測定(UFM)まではルーチン検査とするも、その煩雑さ、手間がかかることからUDSを日頃から施行している施設が少ない模様であり、パネリストの皆様も判読に苦労されておりました。
 
小生はUDSの経験がほとんど無く、教科書的な知識が持ち合わせておらず、パネリストに選択されなかったことをただ幸せに思いました。
 
 
症例の中には、一見すると慢性前立腺炎の患者さんがUDSを施行して係留脊髄の診断に至った例や、TURP施行後の効果をモノグラムを見せて視覚的に患者さんに説明できた例、などがあり、改めてUDSの重要性を再認識致しました。
 
さらに、小生が非常に興味を持ったこととしては、
西日本にて、尿流測定(UFM)大会なるものがあるとか?
 
 
そう。皆様。容易に想像できるように、頑張って最大尿流率を競うというもの!!!
なんと、優勝者は最大尿流率90ml/s以上!!!
 
なんという猛者。
 
しかし、私たちの医局にも、マッキー極細先生やsoogle先生、Y先生、キラキラネーム1号先生と泣く子も黙る猛者がたくさんいらっしゃいます!!!優勝も狙うのも夢ではない!?
 
ちなみに私は、日頃の不摂性な性活の影響か、膀胱出口部閉塞(BOO)が強く、排尿遅延、腹圧性排尿があり、門前払いでしょう。
 
……
 
金沢に戻ります。
 
このような機会に参加させていただきまして誠にありがとうございました。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月

2017年07月31日 19時46分03秒 | 雑用

どうも、まっちぃです。

暑い日々が続いております。

ファッションセンス皆無の自分としては、着ていく服が単調になっても許される季節として受け止めており大変助かっております。

 

また、最近は断捨離を心掛けるようになったうちの嫁さんから

「ごめん、あなたの服は今、しかない」

と言われていたので、季節の移行期であった少し前までは汗だくになる日もあれば寒くて震えながら夜を過ごす日もあったりで、今はむしろ丁度良いような気がします。

泌尿器科としてはこの時期から尿管結石の患者が津波のように押し寄せてきており、一方で検診に引っかかって受診しに来られる方々も重なり大変混雑しております。

ひとたび結石が詰まってしまうと、それこそ生死にかかわるのではないかと思うような苦痛が、甘く切ないひと夏の思い出にとってかわることになるので、皆さん水分補給には十分注意して、くれぐれも僕の仕事を増やさないようにご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年07月21日 12時39分31秒 | 雑用

ご無沙汰しております。

夏ですね。

大好きな民来に行くのに混む時間になってちょっと申し訳ないな、と思いながらカウンターに座り、食べ終わるといつもの学生の集団が来ない。。。夏休みなのか、っていうか夏か。と思う瞬間でした。

僕の場合、このブログを書く目的はウロを将来の科の選択肢の一つとして考えてくれている方々へ向けて書こうと思います。

学生なり、初期研修医なり、他の大学出身者や大学病院以外での研修をした研修医の方々も見てくれて参考にしてくだされば幸いです。

さて今回は、自分が他大学出身者で、大学病院以外で初期研修を終えようとして、金沢大学泌尿器科に入局を決めたときに不安だったことなどに焦点を当ててみます。

まず収入面はどうなのか。

まず、入局して大学からの給料+アルバイトです。

他の医局や他の科と直接ガチンコで比較したことはありませんが、決して悪くないようです。相対的にも絶対的にも。

でもまだ泌尿器科の外来をこなせるわけではないので検査や外来のお手伝いなどがメインです。休日は老健施設のバイトがあるのでそこでも稼げます。

そりゃもちろん外来できる先輩の方が多いけど、そりゃそうでしょ、でもそこんところ安心して大丈夫です。

北陸地方でアルバイトを探すとほとんどありません。(っていうかありませんでした。入局時調べましたが、、、こんなに病院があるのに。それだけ医局がしっかりしているということです。なので医局に入れば安心という考え方もできます。本当に)

デメリットとしては休日に老健施設のバイトがあるので少し休日を使いますが、そこらへんは大事な結婚式や行事は同期や先輩と交代で行ったりしているので融通が利きます。

僕も今、同期と同じバイトを半分こしてますが、本当に助かっています。

あと、雰囲気は他の先生方が書かれているブログを参考にしていただければわかると思います。

行事がけっこうあって楽しいですね。医局長が最近変わって、前の医局長も好きでしたが(夜中までご一緒させてもらったのはいい思い出です)、新しい医局長も将来の医局、そして医局員のことを考えてくれていて、、、司馬遼太郎作品で例えるなら、前の医局長が東郷平八郎で、新医局長が温かみのある秋山真之のようなイメージです。

もし見学に来てくだされば、色々もっと詳しくお話しますし、相談にものりますので、一度ぜひお越しください。

お待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆様こんばんは

2017年07月10日 19時08分11秒 | 雑用

おひさしぶりです。

Yです。

最近あついですね。

皆様体調にだけはお気をつけてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加