植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」

金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。

冬の金沢 その18 金沢市内

2017-02-09 05:14:44 | 日記


金沢の観光スポットレポート その624(No.942)

◇冬の金沢 その18 金沢市内

○寒ブリ
ブリは出世魚として、小さいものからフクラギ、ガンド、ブリと呼ぶ。
ブリはまるごとなかなか見れないが、切り身は売っている。



■写真は近江町市場のフクラギ、ガンド



■写真は懐石つる幸



○金沢市立玉川図書館概要

本館は昭和53年(1978)竣工。設計は谷口・五井設計共同体で、谷口
吉郎が総合監修、その息子の谷口吉生が設計を担当している。旧専売公
社金沢工場の建物に現代建築を融合させた建物が特色。

別館として近世史料館を併設する。谷口吉郎・吉生父子の共同作品はこ
の建物が最初で最後である。

■写真は玉川図書館本館





別館(旧専売公社工場)は「金沢煙草製造所」として大正2年(1913)
に完成。赤レンガ造り・2階建・全長280mの回廊式の建物で、旧石川
県庁舎や国会議事堂などの設計を手掛けた矢橋賢吉の設計による。昭和
47年(1972)移転のため昭和54年(1979)に玉川図書館として活用。
平成8年(1996)に登録有形文化財に登録された。





■写真は玉川図書館別館

(つづく)
『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の金沢 その17 金沢市内① | トップ | 冬の金沢 その19 21世... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事