金沢発 あれやこれや

-ヒントをくれる存在に感謝しつつ物語をすすめます-

混乱の増すグリーン調達事情15

2016-12-31 23:57:29 | グリーン調達
≪フタレート規制の一般知識≫ 
EUROPAと米国以外のフタレート規制のゆるい地域
だと余程知識欲旺盛な人か、役人や業界経由の
情報をうのみにせず、現地情報を自分で確認する
ようにしてる人以外はまるっきり無関心です。
さざなみほどの騒ぎも無いのでしかたありません。
ですからたぶんこの記事は知らなくてもいいの
かもしれません。

①次期RoHS指令の追加制限物質は玩具規制由来
フタレート4品目は玩具規制で、子供が触れること
も避けるべきとされた物質。
その理由は、子供の時期にその物質に被爆すると
不妊体質になる可能性が高いと指摘されたため。
→動物実験では実証されてる。

②EUROPAはREACH規則という包括規制がある
注意すべきフタレート類はREACH規制の認可対象
物質に指定されており、輸入・製造が政府の
監視下にある。そのおかげで子供が玩具以外の
製品で被爆被害にあわないよう配慮されてる。

③日本の法律にはまだ規制らしい規制が無い
フタレート、DEHPは優先的に検討すべき物質に
されてるが化審法で具体的な措置はまだない。
工場からの排出量を政府に報告する義務を課す
PRTR法の対象物質には指定されており、企業
ホームページには実績が報告されている。

④日本の玩具規制
食品衛生法で6歳未満の乳幼児が使う玩具で
規制あり。平成22年の改正で塩ビに限定せず、
可塑剤使用材料全般が対象になった。
日本玩具協会の自主規制STマークでは14歳以下
までと対象広いが、規制は塩ビのDEHP/DINPのみ。
→日本は欧米に比べ6歳以上の保護が弱い

⑤日本の食器規制
食品安全委員会 器具容器包装専門調査会にて
フタレートの耐用一日摂取量が検討された。
DEHPは30μg/㎏ /日と他フタレートより
一桁から二桁も厳しい基準がでた。
実際には、食品衛生法の器具及び容器包装分野で
DEHPを材料にした塩ビを主成分とする合成樹脂を
用いてはならない と加えられたのみで、塩ビ
以外の可塑剤使用樹脂は含まれず。

⑥日本のDEHP汚染状況
上に述べたように輸入・製造の制限はなく、
工場からの排出量の報告義務があるのみ。
事業者報告の排出量は1,180,200kg/年。
その他要因も含めた大気排出量は2334トンになる。
食物連鎖により、野菜や料理を通じて身体に
とりこんでる事実があります。

 東京都が2000年に行った食事のDEHP濃度調査で
 年齢別で一番摂取量が多かったのは1歳で、
 21.7μg/㎏/日。幼児は大人より被爆量多い。

 ある、日本各地の食事中のDEHP含有量を調べた
 結果では、地域の偏りなく30μg/kgを超えた
 量を摂取してる状況がでた。市販弁当から8930
病院食から4400を超える結果がでたケースも
 あった。
 
日本はこういう現状です。家電のDEHP含有量を
メーカーが自主規制しても、最優先で守られる
べき幼児のまわりは食品を介した摂取も含め、
フタレートにまみれてるという事実があります。
これが毎年2000トンもの大気排出した結果だと
断言はできませんが、人工物なのでなんらかの
関連を思わせるような調査結果です。

自社製品は次期RoHS対応させたと宣伝しても、
日本のように化学物質包括規制の無い国では
子供を持つ親への訴求が弱いかもしれません。
家電がフタレートフリーでも食べ物を含めて
周囲はフタレート汚染が悪化してるからです。

そういう国では一生懸命なのは家電業界だけ。
包装業界など関連団体の関心が薄かったり、
協力的でなかったりと苦労する。

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 混乱の増すグリーン調達事情14 | トップ | 北陸新幹線は滋賀通らず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グリーン調達」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。