高2女子、かばんに赤ちゃんの遺体入れ出頭 出産後、自宅に遺棄「耐えられなくなってきた」 死体遺棄容疑で逮捕2017/5/17愛知県警緑署

2017-05-18 | 社会/生命犯/少年

 産経ニュース 2017.5.18 07:11更新
高2女子、かばんに娘の遺体入れ出頭…出産後、自宅に遺棄「耐えられなくなってきた」 名古屋
 出産直後の娘の遺体を自宅に遺棄したとして、愛知県警緑署は18日、死体遺棄容疑で名古屋市緑区の高校2年の女子生徒(16)を逮捕した。手提げかばんに遺体を入れて1人で同署を訪れた。緑署は遺体を18日に司法解剖して死因や死亡時期などを調べるとともに、両親からも話を聴いている。
 緑署によると、生徒は17日午後7時10分ごろ、制服を着て同署を訪問。当初は「妊娠したかもしれない」などと署員に相談していたが、突然涙を流し始め「自宅で子どもを産んで、遺体を自分の部屋に置いていた。耐えられなくなって来ました」と打ち明け、かばんの中を見せたという。
 逮捕容疑は10日ごろ、娘の遺体を自宅に遺棄した疑い。かばんの中の遺体はタオルに包まれ、へその緒も付いていたという。

 ◎上記事は[産経新聞]からの転載・引用です
------------------------
東海 NEWS WEB
かばんに赤ちゃん遺体 高2逮捕
NHK NEWS WEB 2017/05月18日 12時30分
 高校2年の女子生徒が、17日夜、生まれたばかりの赤ちゃんの遺体をかばんに入れて名古屋市緑区の警察署を訪れ、警察は女子生徒を死体遺棄の疑いで逮捕しました。
 17日午後7時ごろ、高校2年の16歳の女子生徒が名古屋市緑区の緑警察署を1人で訪れ、「耐えられなくなった」などと話し、警察官が女子生徒の持っていたスポーツバッグのようなかばんの中を調べたところ、タオルにくるまれた女の子の赤ちゃんの遺体が見つかったということです。
 警察の調べによりますと、女子生徒は5月10日ごろ、生まれたばかりの赤ちゃんの遺体を自宅に遺棄したということで、警察は死体遺棄の疑いで女子生徒を逮捕しました。
 赤ちゃんに目立った外傷などはなく、調べに対して女子生徒は「8日ほど前に自宅で産んだ」などと供述しているということです。
 警察が詳しいいきさつを調べています。

 ◎上記事は[NHK NEWS WEB]からの転載・引用です
..................

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【動き出した憲法改正】安倍... | トップ | 『週刊文春』に対して『週刊... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。