無罪 確定 小沢一郎氏「本当に忍耐の毎日だった。(検察の捜査については)国民の裁きが下る」

2012-11-19 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア

小沢代表「忍耐の毎日だった」 無罪確定で
日本経済新聞2012/11/19 18:59
 資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡る政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴され、一・二審で無罪となった元民主党代表で「国民の生活が第一」代表の小沢一郎被告(70)について、検察官役の指定弁護士は19日、最高裁に上告する権利(上訴権)を放棄した。上告期限の26日を待たずに小沢代表の無罪が確定した。
 2009年5月に改正検察審査会法が施行されて以降、検察審の起訴議決に基づき強制起訴された被告の無罪が確定したのは初めて。

       

 小沢代表は同日夕に記者会見を開き「やましいことはないと言い続けてきたが、主張が裏付けられた。(無罪確定まで)本当に忍耐の毎日だった」と述べた。検察の捜査については「何らかの特定の思惑を持った人たちには、国民の裁きが下る」と語気を強めた。
 今月12日の東京高裁判決は、石川知裕・前衆院議員(39)=同罪で一審有罪、控訴中=ら元秘書が作成した収支報告書の内容を虚偽と認めたうえで、記載内容について元秘書から代表が報告を受け了承していたことを認定した。
 一方で、元秘書らの犯意の一部を否定。元秘書から代表への報告内容が不正確だった疑いにも触れ「代表が記載を適法だったと認識していた可能性を否定できない」として無罪を言い渡した。
 判決を受け、指定弁護士の3人は14日と19日の2日間、上告の可否について協議。判決内容に刑事訴訟法が上告理由として定める憲法・判例違反や重大な事実誤認があるかを検討した。指定弁護士は判決後に「承服できない点もある」としていたが、協議の結果、上告理由を見いだせないと判断した。
 指定弁護士は「長く(代表を)被告の地位にとどめておくべきでない」との考えから、19日午前、上訴権放棄の申立書を東京高裁に提出。同高裁が受理し、代表の無罪が確定した。
=========================================
小沢系議員らに安堵感 捜査批判の声も「追い落とすために事件化」
産経ニュース2012.11.19 14:08
 政治資金規正法違反罪に問われた元民主党代表で、「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の無罪確定を受け19日、同氏に近い議員を中心に安堵感が広がった。
 生活の広野允士参院議員会長は共同通信の取材に「本当に良かった。首相になっていたであろう小沢氏は民主党代表辞任に追い込まれた。政治的意図さえ感じさせる、とんでもない捜査だった」と批判。衆院選に向け「完全にシロになったので態勢を立て直したい」と強調した。
 小沢氏側近だった民主党の奥村展三国対委員長代行は「公正に判断されたものと思う」と語った。消費税増税反対で小沢氏と行動を共にし、民主党へ19日に離党届を提出した山田正彦元農相は「もともと無罪だった。政権交代前に小沢氏を追い落とすために大げさに事件化した。許されない」と捜査当局を非難した。
==================================
◆ 小沢一郎氏 裁判 無罪が確定 /衆愚の中からは衆愚しか 2012-11-19 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア 
============================

     

ご意見「大手マスコミの偏向報道姿勢に苦言」~小沢一郎氏・独占インタビュー
読者投稿・ご意見メール
 2012年11月19日 11:14
 記事「独占インタビュー・小沢一郎氏「民主主義の危機!」」、「豪腕ではなく憂国の士、小沢一郎」について、読者の「来栖様」よりいただいたご意見を紹介します。
 小沢氏については、起訴から、来たる12月16日の総選挙予想に至るまで、大手メディアは明らかな悪意をもって偏向報道を続けている。そういった(小沢氏を葬ろうとする)メディアの報道姿勢が政治を「劇場」にし、国益を著しく損なわせた。
 小沢氏裁判だが、来週19日にも検察官役の指定弁護士は上告断念、上訴権放棄を表明するという。中身のない、ただただ小沢氏を刑事被告人に縛り政治生命を断つだけのために行われた茶番であり、プロパガンダであった。
 そのような社会にあっても、真実を見極めようとし「実像」についてゆこうとするジャーナリストは必ずいる。九州発「NET‐IB NEWS」は、そういう一握の群像である。
  "わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません"、この聖書〈ロマ書5章3-5)の言葉を実感する。立ち上がっていける。
 NET‐IB NEWSさん。素晴らしい記事を心よりありがとう。連載中の日々、愉しみに読ませて戴きました。
 貴重なご意見ありがとうございました。
===================================
小沢氏への力づよい支援 NET IB NEWS /豪腕ではなく憂国の士 小沢一郎/インタビュー・民主主義の危機 2012-11-17 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア 
------------------------------------

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆院選【岩手】 民主、『国... | トップ | PRESIDENT新刊書評『戦後史の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。