前科12犯のホームレス 出所しても「うれしくない」 2017/6/19

2017-06-19 | 社会

前科12犯のホームレス 出所しても「うれしくない」
朝日新聞デジタル 2017/6/19(月) 11:31配信 朝日新聞デジタル
 刑務所を出た2日後に自転車を盗んだホームレスの男性(68)に京都地裁は先月、懲役2年2カ月の実刑判決を言い渡した。だが、男性は、刑務所に戻ることが苦にはならないと話す。自分を待つ人も行き場もなく、出所を喜んだこともないという。
  4月末の初公判。被告人質問に立つ女性検察官の口調は次第に厳しくなった。
  検察官「出所直後に自転車を盗んで、逮捕されると思わなかったんですか」
  男性「足が痛くて……」
  検察官「盗むしかなかったってこと?」
  男性「お金もなくて。どうしようもなかったです」
  背筋を伸ばして質問に答えてはいるが、積極的に反省の言葉が出てこない。
  男性はホームレス生活と刑務所暮らしを20年以上繰り返してきた。窃盗など前科は12犯。自転車を盗んだ罪で8カ月収容されていた神戸刑務所を3月6日に出所した。その2日後、東山区の路上で自転車を盗み、逮捕された。
  罪の意識はあったのか。京都拘置所で面会に応じた男性に尋ねた。「その瞬間は悪いとは思うけど……」と一瞬黙り、「家はなくても食べなきゃいけなくて」と続けた。刑務所で得た作業報奨金の5千円は、京都に戻る電車賃やラーメン代などに消えた。40代で離婚し家族も家もない。かつて過ごした鴨川の橋の下に行くほかなかった。
  出所2日後、午後から換金目的で空き缶拾いに出かけた。だが、この日に限って缶が少ない。買い取ってくれる店は午後6時に閉まる。焦って探し回るうちに、自分の自転車を見失った。足はパンパン。そんな時、無施錠の自転車を見つけた。何とか見つけ出した空き缶を載せて店へ。500円を手に入れた。
  お金が底をつくたびに、男性は空き缶拾いをしたり、アルミサッシなどを盗んだりしては換金し、生活してきた。50代のころ、区役所で生活保護を申請しようとしたことがある。窓口の担当者に「まだ働けるでしょう」と言われ、「どこも前科者なんて雇ってくれないから困っているんだ」とぶちまけたこともあった。
  「味付けは薄いけどメシも出るから」。刑務所に戻ることが決まっても男性に悲壮感はない。
 でも、出所する時はうれしいんでしょう? 
 「うれしいと思ったことはないかな。行き場もないし、寝場所から心配しなくちゃいけないから」
  判決で「規範意識の欠如は明らか」と非難された男性が、面会時に語気を強めた場面がある。お金を奪おうと思ったことはないのか、と尋ねた時だ。「俺はカネはなくても、空き巣やひったくりをしたことは一度もない。人として嫌だ」
. 最終更新:6/19(月) 16:36

 ◎上記事は[Yahoo!JAPAN ニュース]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
「刑務所に戻りたかった」下関駅放火事件から10年 司法と福祉連携 出所後フォロー 累犯障害者男性 84歳「もう刑務所には…」
◇ 出所後受刑者の生活支援。 高齢者がJR下関駅に放火した事件、犯行動機に「再び刑務所に入るため」 2008-08-07 
-----------------
山本譲司著『累犯障害者』 獄の中の不条理 新潮社刊
......................

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 形原温泉「あじさい」 2017/6/19 | トップ | 安倍首相 通常国会閉会 記者... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
所感 (あやか)
2017-06-20 20:26:33
私は、この『高齢ホームレス犯罪者』の問題については、『死刑制度の是非』の問題とともに、葛藤とジレンマにおちいってしまうんですね。  
『刑務所をでても、おうちも、お金もない』『結局、刑務所を老人ホームにせざるを得ない』『68歳になれば、もう、いまさら職業的に自立できない』。。。。ということで、社会的適応が困難なんですね。
でも、だからといって、こんな人たちに生活保護など、ぜったいに出したくありません。こういう人たちを救済すろのは、もう宗教レベルの問題かも知れません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。