「なやみつつ辿り行くは ひとの世のつねなれど」〈来栖の独白2017.5.14〉

2017-05-14 | 日録

〈来栖の独白2017.5.14 〉
 日々、独り、自宅でピアノを弾き、カトリック聖歌を口ずさむ。教会のミサでは主に典礼聖歌を弾いてきたが、カトリック聖歌の素朴な、手前勝手な(!)メロディが心に滲みる。安定する。この2、3日は、とくに以下の曲。
 これからの老いる日々、音楽は力強い慰め主だ。
-------------------
聖心 【なやみつつ】(#266)
1 なやみつつ辿り行くは ひとの世のつねなれど
霧ふかく立ちこめて わがこころ迷えば
(おりかえし)
み心の光よ
道のしるべと 照し給え
行手(ゆくて)の道を 守り給え 
2 あらし吹き波は高く 船はゆれかたむきて
 ひかりなき海原に わがこころ弱れば
(おりかえし)
み心の光よ
道のしるべと 照し給え
行手(ゆくて)の道を 守り給え 
3 谷ふかく道けわしく いただきは遥かにて
 いくたびかためらいつ わがこころ悩めば
(おりかえし)
み心の光よ
道のしるべと 照し給え
行手(ゆくて)の道を 守り給え 
4 主にならいみ旨のまま 苦しみもよろこびも
 わがすべて残りなく ささげたる嬉しさ
(おりかえし)
み心の光よ
道のしるべと 照し給え
行手(ゆくて)の道を 守り給え 
---------------------------
第五ミサ 【なやむわがむね】(#72)
 なやむわがむね
  いかになすべき
 よろこぶこころ
  たれにぞ告げん
 天(あめ)なるみ神
  愛の御父(みちち)よ
 主こそ知りたもう
  わが思いを
――――――――――――――――――――――――
カトリック聖歌 典礼聖歌  『毎日のミサ』 2016.6.27 

〈来栖の独白〉
 古くて傷んでいたので、昨年、『カトリック聖歌伴奏』の新しい本を購入した。古い方は実家へ置いている。
 日々、カトリック聖歌を弾く。老いた日のために、主は、あらかじめ若いとき、私をミサのオルガン弾きにしてくださったのだと思い知る。カトリック聖歌のメロディが、どれほど今の私を慰め支えてくれていることか、計り知れない。短い、単純なメロディ。文語調の歌詞。心にしっくり響いて、情緒を安定させてくれる。

  

カトリック聖歌
193 かぎりなき 
1.限りなき いつくしみもて
 日も夜も みそなわしたる
 み子の苦しみ
(おりかえし)
 十字架のもとに 忍ばせたもう
 悲しき胸を 氷の剣刺す
 み母嘆きたもう
----------------------------
 典礼聖歌は、心が引き立つ。歌詞の多くは、旧約聖書からとったものであり、過激!だ。この過激な神が、勝田清孝との日々を守り、支えてくれた。そして、今また私の日々を支え、励ましてくれている。
 私は、日に幾度も云う。祈る。「主よ、ありがとう」「主の愛のうちに生きさせてください」と。

  

---------------------------------------------------

  

 本日(2016.6.27)のミサ
第一朗読
 アモスの預言(アモス2.6-10、13-16)
6 主はこう言われる、「イスラエルの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれを罰してゆるさない。これは彼らが正しい者を金のために売り、貧しい者をくつ一足のために売るからである。
7 彼らは弱い者の頭を地のちりに踏みつけ、苦しむ者の道をまげ、また父子ともにひとりの女のところへ行って、わが聖なる名を汚す。
8 彼らはすべての祭壇のかたわらに/質に取った衣服を敷いて、その上に伏し、罰金をもって得た酒を、その神の家で飲む。
9 さきにわたしはアモリびとを/彼らの前から滅ぼした。これはその高きこと、香柏のごとく、その強きこと、かしの木のようであったが、わたしはその上の実と、下の根とを滅ぼした。
10 わたしはまた、あなたがたを/エジプトの地から連れ上り、四十年のあいだ荒野で、あなたがたを導き、アモリびとの地を獲させた。
13 見よ、わたしは麦束をいっぱい積んだ車が/物を圧するように、あなたがたをその所で圧する。
14 速く走る者も逃げ場を失い、強い者もその力をふるうことができず、勇士もその命を救うことができない。
15 弓をとる者も立つことができず、足早の者も自分を救うことができず、馬に乗る者もその命を救うことができない。
16 勇士のうちの雄々しい心の者も/その日には裸で逃げる」と/主は言われる。

答唱詩編
 典礼聖歌171①③
 わたしたちは神の民

福音朗読
 マタイによる福音(マタイ8.18-22)
18 イエスは、群衆が自分のまわりに群がっているのを見て、向こう岸に行くようにと弟子たちにお命じになった。
19 するとひとりの律法学者が近づいてきて言った、「先生、あなたがおいでになる所なら、どこへでも従ってまいります」。
20 イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。
21 また弟子のひとりが言った、「主よ、まず、父を葬りに行かせて下さい」。
22 イエスは彼に言われた、「わたしに従ってきなさい。そして、その死人を葬ることは、死人に任せておくがよい」。
------------------------

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法9条=GHQが日本の軍事的... | トップ | 今週の「古楽のたのしみ」は... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静けき祈り (あやか)
2017-05-15 07:09:18
おごそかな聖歌を教えていただきありがとうございます。
オルガンも演奏なさるんですね。すばらしいです!
聖歌のしらべは、薔薇の咲く今の季節に、とりわけふさわしいような気がします。
今日一日、よい日でありますように!
コメント、ありがとうございます。 (ゆうこ)
2017-05-15 21:29:55
>薔薇の咲く今の季節に

 そういえば、5月は聖母月でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。