[埼玉朝霞 少女誘拐監禁]寺内樺風被告 第2回公判 2016/11/2 証人尋問 少女の母親「一生刑務所に」 

2016-11-02 | 社会

朝霞少女誘拐監禁、少女の母親「一生刑務所に」
TBS News 2日 12時42分更新
 埼玉県朝霞市で少女が誘拐され、およそ2年間にわたって監禁された事件の2回目の公判が開かれ、被害少女の母親が法廷で「できれば、一生、刑務所に入っていてほしい」などと述べました。
 未成年者誘拐などの罪に問われている男は、衝立の向こうから聞こえてくる少女の母親の涙ながらの言葉を、背筋をまっすぐと伸ばし、聞いていました。
 寺内樺風被告(24)は、おととし3月10日、埼玉県朝霞市で、当時中学1年だった少女に対し、うそを言って車で誘拐した上、千葉市や東京・中野区の寺内被告の自宅におよそ2年間にわたり監禁し、少女にPTSDを負わせたとして、未成年者誘拐などの罪に問われていて、起訴内容を一部否認しています。
 2日の裁判で検察側による少女の母親への証人尋問が行われ、母親は「あなたが奪った2年間は、家族や友達と積み重ねていく経験や思い出を奪い、娘や周りの人をめちゃくちゃにした」「できれば、一生、刑務所に入っていてほしい。出てくると私たちの平穏無事な生活ができない」などと述べました。
 午後は寺内被告への被告人質問が予定されています。(02日11:35)

 ◎上記事は[TBS News]からの転載・引用です
----------
産経ニュース 2016.11.2 12:40更新
「二度と娘の前に現れないで」と母 埼玉・朝霞の少女誘拐公判で証人尋問
 埼玉県朝霞市の少女(15)が2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風被告(24)の第2回公判が2日、さいたま地裁(松原里美裁判長)で開かれ、証人尋問で少女の母が、被告に対し「腹立たしくてならない。二度と娘の前に現れないでほしい」と訴えた。
 母はついたての中で、少女の現在の様子を「『他人の視線が怖い』と言い、1人では外出できない。社会復帰できる日が来るのか不安だ」と証言。保護されるまでの2年間に関し「家族や友達と積み重ねていく経験、思い出を奪われた」と涙ながらに話した。
 起訴状によると、朝霞市で平成26年3月、当時中学1年の少女を車で誘拐、今年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅で監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたなどとしている。

 ◎上記事は[産経新聞]からの転載・引用です
----------------------------
埼玉少女誘拐 .「娘、今も一人で眠れず」母親が証人出廷
  毎日新聞2016年11月2日 12時06分(最終更新 11月2日 13時24分)
  埼玉県朝霞市で2014年に起きた少女誘拐事件で、未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた大学生、寺内樺風(かぶ)被告(24)=東京都中野区=の第2回公判が2日、さいたま地裁(松原里美裁判長)であった。
 証人として出廷した少女(15)の母は「裁判所には、被告にできるだけ重い刑罰を与えてほしい」と述べ、少女がいまだに一人で風呂に入れなかったり、眠れなかったりする状況を明かした。「娘が今後、社会復帰できるか心配」と語った。午後には寺内被告の被告人質問が予定されている。
 起訴状などによると、寺内被告は14年3月10日午後、少女に声をかけて車に乗せ、千葉市稲毛区の当時の自宅に誘拐。今年3月27日まで同区と中野区の自宅で監禁し、重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせるなどしたとされる。【内田幸一、遠藤大志】

 ◎上記事は[毎日新聞]からの転載・引用です
-------------------
[埼玉朝霞 少女誘拐監禁]寺内樺風 被告人質問「断然軽い罪だと思っていた。少女を被験者と呼んでいた」 第2回公判 2016/11/2
――――――――――――――――――――
[埼玉少女誘拐監禁] 初公判 2016/9/27 さいたま地裁 寺内樺風被告「監視していた意識ない」 少女「無期懲役にしてほしい」 
-----------------
[埼玉少女誘拐監禁]寺内樺風容疑者 ゼミ親友と祖母が本誌に語ったこと 『現代ビジネス』2016/4/12
――――――――――――――――――――
岡山県倉敷市 女児連れ去り監禁傷害 藤原武被告に懲役6年6か月の判決 岡山地裁 2015/10/28
.......

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 権力者の心臓を握る「「チェ... | トップ | [埼玉朝霞 少女誘拐監禁]寺内... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。