介護の自己負担、高所得者は3割 厚労省が見直し案 2018年8月からの実施(介護保険では15年8月に一部2割負担を導入した)

2016-11-26 | life / 死と隣合わせ / 高齢者

介護の自己負担、高所得者は3割 厚労省が見直し案 
 日本経済新聞 2016/11/25 20:50
 厚生労働省は25日、介護保険を利用する高所得高齢者の自己負担を2割から3割に引き上げる案を社会保障審議会の部会で示した。対象は約14万人で、2018年8月からの実施を目指している。世代内で能力に応じた負担を求め、介護保険制度の持続性を高める。
 3割負担になるのは一人暮らしの場合、年383万円以上の収入がある65歳以上の高齢者。厚労省の推計では在宅サービス利用者の13万人で全体の3~4%が負担増となる。特別養護老人ホームの入所者では約1万人が該当する。
 高齢化に伴い介護が必要な人は年々増えており、部会に出席した有識者から「やむを得ない」との意見が複数出た。介護保険では15年8月に一部2割負担を導入した。短期間で2度引き上げることを懸念する意見もあった。
 介護保険料を払う40~64歳の負担の仕組みも変え、収入に連動して保険料が増える「総報酬割」を導入する。大企業会社員は保険料負担が増える一方、中小企業では負担が減る。負担の急増に配慮し、17年夏から段階的な実施を目指す。

 ◎上記事は[日本経済新聞]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
〈来栖の独白 2016.11.7 Mon 〉猫ちゃんのこと 公園の紅葉など (追記)「高額介護サービス費給付のお知らせ」
 〈来栖の独白〉追記 11.7 Mon
 本日、母の居住地市役所より手紙。「高額介護サービス費給付のお知らせ」というもの。

下記のとおり、介護保険法第51条による高額介護給付費の支給対象となる予定ですのでお知らせします。

 と書かれて、母の氏名、被保険者番号など明記されており、

 対象年月;平成28年8月
 自己負担金額;64,310円
 支給(予定)金額;2,711円

 とある。

支給を希望する場合は、同封の「高額介護サービス費支給申請書」をA市介護保険課または各支所の健康福祉課に提出してください。
今回申請した人は、今後申請しなくても高額介護サービス費の支給が受けられます。
出来れば、11月30日(水)までにご提出ください。

 8月から利用料本人負担が2割となり、それまで1割だったので、丁度倍額(3万円→6万円)になった格好だった。母は公立学校共済年金。僅かのことで、2割負担の対象となったのだった。介護施設への月々の支払いが総計10万円内に収まっていたところ、8月からは13万円余りと跳ね上がった。「高額介護サービス費給付」は助かる。それにしても、今後、介護を必要とする老人数の増大が確実な中、保険制度はどうなるか。考えるだに、恐ろしい。
――――――――――――――――――――――――
介護保険見直しで負担増 「生活成りたたぬ」特養退去も 中日新聞 2016/10/19
.......

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉大生集団強姦致傷容疑で... | トップ | 本日は名古屋能楽堂 2016.11.... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。