古楽の楽しみ 2017.3.20~21 〈来栖の独白〉私の心の支えはお父さん

2017-03-20 | 日録
中世・ルネッサンスからバロックまで、古楽の世界をくまなくご紹介。

20日月曜 
NHKFM 午前6時00分~ 午前6時55分
- 宗教改革とルターにちなんだバッハのカンタータ -(1)
「前奏曲とフーガホ短調BWV548」バッハ:作曲,(オルガン)モード・グラットンほか

「前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548」
バッハ:作曲
(オルガン)モード・グラットン
(13分21秒)

「カンタータ 第79番“主なる神は日なり、たてなり” BWV79」
バッハ:作曲
(ボーイ・ソプラノ)デトレフ・ブラチュケ、(カウンターテナー)ポール・エスウッド、(バス)マックス・ファン・エグモント、(合唱)ハノーバー少年合唱団、(合唱)コレギウム・ヴォカーレ、(合奏)レオンハルト合奏団、(指揮)グスタフ・レオンハルト(15分35秒)

「カンタータ 第192番“いざやもろびと、神に感謝せよ” BWV192」
バッハ:作曲
(ソプラノ)ジモーネ・ケルメス、(バス)マティアス・ヴァイヒェルト、(合唱)ライプチヒ聖トーマス教会聖歌隊、(合奏)ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン、(指揮)ゲオルク・クリストフ・ビラー
(12分19秒)

「コラール“神はわがやぐら” BWV720」
バッハ:作曲
(オルガン)トン・コープマン
(3分39秒)

「コラール“神はわがやぐら” BWV302」
バッハ:作曲
(合唱)スイングル・シンガーズ
(1分12秒)
-----------------------

3月21日火曜 
NHKFM 午前6時00分~ 午前6時55分 
- 宗教改革とルターにちなんだバッハのカンタータ -(2)

  • 「カンタータ第2番“ああ神よ、天からご覧ください”BWV2」
    バッハ:作曲
    (ソプラノ)ザラ・ヴェゲナー、(カウンターテナー)ベンノ・シャハトナー、(テノール)セバスティアン・コールヘップ、(バス)トーマス・バウアー、(合唱)コルス・ムジクス・ケルン、(合奏)ダス・ノイエ・オルケスター、(指揮)クリストフ・シュペリング
    (16分27秒)

    「“ああ神よ、天からご覧ください”BWV741」
    バッハ:作曲
    (オルガン)クリストフ・アンゼルム・ノル
    (5分10秒)

    「カンタータ第14番“この時に、神がわれらとともにおられなかったら”BWV14」
    バッハ:作曲
    (ソプラノ)リュディア・トイシャー、(カウンターテナー)ベンノ・シャハトナー、(テノール)ダニエル・ヨハンセン、(バス)ダニエル・オホア、(合唱)コルス・ムジクス・ケルン、(合奏)ダス・ノイエ・オルケスター、(指揮)クリストフ・シュペリング
    (16分01秒)

    「“われらはキリストをたたえまつる”によるフゲッタ BWV696」
    バッハ:作曲
    (オルガン)トン・コープマン
    (1分08秒)

    「“主キリスト、神のひとり子”によるフゲッタ BWV698」
    バッハ:作曲
    (オルガン)トン・コープマン
    (1分15秒)

    「“イエス・キリストよ、賛美を受けたまえ”によるフゲッタ BWV697」
    バッハ:作曲
    (オルガン)トン・コープマン
    (1分01秒)

    「“天からくだって”によるフゲッタ BWV701」
    バッハ:作曲
    (オルガン)トン・コープマン
    (1分40秒)

    「“神の子は来たりたまえり”によるフゲッタ BWV703」
    バッハ:作曲
    (オルガン)トン・コープマン
    (0分53秒)

    「“きたれ、異邦人の救い主よ”によるフゲッタ BWV699」
    バッハ:作曲
    (オルガン)トン・コープマン
    (1分10秒)

  ◎上記事は[古楽の楽しみ]からの転載・引用です
..................
〈来栖の独白〉
 月曜から金曜まで、毎朝聴く「古楽のたのしみ」。チェンバロ、オルガンといった楽器も好きなら、バッハなどの宗教音楽も楽しい。
 母の人生とともに振り返る、私の来し方。いつの間にか母に似て、音楽とともに生きてきた。神に感謝。
〈追記〉
 今朝、ハナニラが清らな花を咲かせているのを発見。そんな季節になった。毎年、心惹かれる花。

   

 本日の中日新聞「くらしの作文」は、大府市の小島みつ子さん「心の支え」。毎朝、パンと珈琲、サラダに添えて!新聞を読むのが私の楽しい日課だが、いつものように小説『影ぞ 恋しき』(葉室麟)を読み、上欄に目をやる。と、そこに小島みつ子さん(88歳)の作文。以下のように書かれていて、身につまされた。年齢(現状)は異にするが、気持ちは私と同じ。以下。 

 最愛の夫は認知症です。昨年6月に徘徊が始まり、深夜に高いところから落ち、膝の手術、リハビリ、今は施設に入所し、車いす生活です。
 夫は私に「お母さんが好き、大好きだよ」と言ってくれていました。優しく、こまめな人でしたので、私は気楽さに慣れ、自立できないまま、一人暮らしとなりました。どう暮らしていってよいやら、いまだ自問自答の毎日です。
 毎週、息子と施設に行きます。先日、「今どこに住んでいるの」と私に尋ねました。「お父さんのいない家で、一人寂しく過ごしています。これからどう暮らしていったらよいか、お父さん教えて」と問い掛けました。
 しばらく私の顔を見つめ「ごめんなさいね」と言いました。私は夫にすがって思い切り泣きたかったです。
 今秋で結婚64年目になります。今までの当たり前の生活が、どんなに幸せだったか、身に染みて思います。
 施設の夫は穏やかで、夢の世界にいるようです。私の89歳の誕生日も間近です。「お母さん好き、大好きだよ」と言ってください。
 桜吹雪の舞うころは、お父さんの92歳の誕生日。「お父さん好き、大好きだよ」と語りかけたいと思います。私の心の支えはお父さん。笑顔の夫に会いたい。 *強調(太字)は来栖

――――――――――――――――――――――――
「古楽の楽しみ」と「音楽の泉」 2017.2.6
.......

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中川智正死刑囚 昨年公表手... | トップ | 『中野京子と読み解く 運命の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。