『われは海の子』--終戦後、GHQの指導で文部省唱歌から追放された、7番の歌詞

2017-07-17 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉

2017.7.17 05:03更新
【産経抄】「われは護らん 海の国」 GHQ指導で追放された文部省唱歌は… 7月17日
 ♪われは海の子 白浪の…。「われは海の子」は、明治43(1910)年の尋常小学読本唱歌に掲載されて世に出た。作者不詳とされてきた名曲の作詞者が明らかになったのは、約80年後の平成元年である。
 ▼決め手となったのは、北欧文学者、宮原晃一郎の一人娘が保存していた手紙だった。宮原は文部省の詩の懸賞募集に、「海の子」と題した作品を応募していた。その入選通知が残っていたのだ。
 ▼12年7月20日の「海の日」には、宮原の故郷、鹿児島市の海を望む公園に歌碑が建てられた。「年末の第九のように、海の日には日本中でこの歌が歌われるようになればいい」。除幕式では、こんな声が上がっていた。大賛成だが、ただ一つ条件がある。
 ▼歌碑には、3番までの歌詞が刻まれている。海辺に生まれ、たくましく育つ少年が主人公である。実は歌詞はまだ続く。少年はやがて鍛え抜いた体を持つ青年となり、大海原にこぎ出していく。終戦後、GHQの指導で文部省唱歌から追放されたのは、7番の歌詞が原因だった。
 ▼♪いで大船を乗り出して われは拾わん海の富 いで軍艦に乗組みて われは護らん海の国。この部分が、軍国主義を想起させるというのだ。昭和33年から再び教科書に載るようになったものの、3番までしか歌われなくなった。久しぶりに全曲を聴いてみた。やはり海洋国家、日本にふさわしい名曲である。
 ▼日本近辺の海底には、豊富な資源が眠っていることがわかってきている。尖閣諸島周辺での領海侵犯を常態化させている中国の公船は、九州北部海域の領海にまで侵入を始めた。海の富、海の国を守る覚悟をいよいよ固める時である。今日の「海の日」、「われは海の子」を7番まですべて歌う日としたい。

 ◎上記事は[産経新聞]からの転載・引用です *リンクは来栖 
――――――――――――――――――――――――
『われは海の子』
 作詞 宮原晃一郎
 作曲 不   詳
1.我は海の子 白浪の 騒ぐ磯辺の 松原に 煙たなびく 苫屋こそ 我が懐かしき 住家なれ
2.生れて潮(しお)に 浴み(ゆあみ)して 浪を子守の 歌と聞き 千里寄せくる 海の気(き)を 吸いて童と なりにけり
3.高く鼻つく 磯の香(か)に 不断の花の 香りあり 渚の松に 吹く風を いみじき楽(がく)と 我は聞く

  -戦後教科書から消えた歌詞-

4.丈余(じょうよ)の櫓櫂(ろかい) 操(あやつ)りて 行手(ゆくて)定めぬ 浪(なみ)まくら 百尋千尋(ももひろちひろ) 海の底 遊びなれたる 庭広し       
5.幾年(いくとせ)此處(ここ)に 鍛へたる 鉄より堅(かた)き 腕(かいな)あり 吹く塩風に 黒みたる 肌は赤銅(しゃくどう) さながらに
6.浪にただよう 氷山も 来(きた)らば来(きた)れ 恐れんや 海まき上(あ)ぐる たつまきも 起(おこ)らば起(おこ)れ 驚(おどろ)かじ
7.いで大船(おおぶね)を 乗り出して 我は拾わん 海の富(とみ) いで軍艦(ぐんかん)に 乗組みて 我は護(まも)らん 海の国
――――――――――――――――――――――――
◇ NHKで歌えなかった島倉千代子さんの「東京だョおっ母さん」 GHQが定めた「ラジオ・コード」 靖国を連想させる「九段」という地名を問題視か
...........

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相、厳しさ増す政権運... | トップ | 【蓮舫氏「二重国籍」会見】... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
海の日 (あやか)
2017-07-17 21:15:07
『われは海の子』の歌詞、私は全部知っていましたよ。
岩波文庫の『日本唱歌集』という本に掲載されています。
岩波書店は、どちらかと言えば、革新派のリベラル系ですが、たとえ戦前の資料でも、そのままの表現で版をかさねています。その点は公正だと思います。
 それにしても、終戦直後のアメリカ占領軍は、ずいぶん陰険な思想弾圧をおこなったんですね。『戦後、自由にものがいえるようになった』という人がいますが、あれは嘘だったんですね。
あやか様 コメント、ありがとう。 (ゆうこ)
2017-07-17 21:41:10
>革新派のリベラル系ですが、
>そのままの表現で版をかさねて
 よかったぁ。

>陰険な思想弾圧をおこなったんですね
>自由にものがいえるようになった』という人がいますが 
 それによって成長した左系メディアが、しっかり継承してますね(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。