今朝の「古楽の楽しみ」は、バッハのマタイ受難曲〈来栖の独白 2017.4.3 Mon 〉

2017-04-03 | 日録

〈来栖の独白 2017.4.3 Mon 〉
 今朝のNHK FM「古楽の楽しみ」は、バッハのマタイ受難曲。カールリヒター。私にとって、命のような曲。
 昔、学生の頃、新宿コタニでこの曲を聴いた時の思い出。美しさに圧倒され、涙が溢れた。こんな曲、音楽が、この世にある。奇跡のような音。イエスという存在が奇跡なら、このお方を源流とする音楽・美術・・・一切が奇跡だ。
 本日、マタイ受難曲を聴くうち、なんとも親しいメロディーが出現♪---私がほぼ日常的に弾き、口ずさんでいるカトリック聖歌の中、【いばらのかむり】ではないか。なるほど、カトリック聖歌は、こういうところから曲を作ってきた(採譜)のか。道理で味わい深い曲が多いわけだ。

苦難 【いばらのかむり】 (#171)
1 いばらのかむり おしかぶされ
 きびしき鞭に はだは裂かれ
 血しおながるる 主のみすがた
 いたましきさま たれのためぞ 
2 きのうにかわる 主を取りまき
 ののしりさけぶ にくむ群れを
 つねに変わらぬ いつくしみの
 まなざしそそぎ ゆるしたもう 
3 世のひとびとの 罪に代わり
十字架になう み苦しみよ
 かぎりも知らぬ 愛のみわざ
 しのびてわが身 献げまつる 

  深く心沈む日、不安に怯える日、哀しみの日・・・そのような日々を、私はカトリック聖歌を弾くことで、慰められ、勇気を与えられ、凌いできた。典礼聖歌も、然り。
 イエスの苦しみもさることながら、御子を傍らで見届けた聖母の悲しみは如何ばかりだったろう。
 今、このデスクの脇、本棚の最上段には十字架が静かにある。私に安心と力をくれる十字架。イエスがおられたから、小さな私の人生にも意味があった。意味を見いだすことができた。

 本日、我が家の庭先の桜が一輪、開花。清廉な花びら。昨年来、心沈むことの多く、春の訪れなど考えられもしなかったが、そんな私にも春は訪れて、桜は咲いている。「私にも春は訪れて」と心に繰り返す。信じられないような春の訪れ。
――――――――――――――――――――――――
清孝が死刑執行されたとき、私はこの曲を弾いていた。
.............

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和歌山カレー事件・林眞須美... | トップ | 愛知県日進市 男性殺害 少年... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。