長く内縁関係にあった女性に遺族年金支給を認めた岐阜地裁判決 元妻、名古屋高裁に控訴 2017/5/11

2017-05-12 | life / 死と隣合わせ / 高齢者

2017年5月12日 16時00分
元妻、名古屋高裁に控訴 内縁女性への遺族年金支給
 亡くなった男性と生前に長く内縁関係にあった岐阜市の女性(58)が国に遺族厚生年金支給を求めた訴訟で、岐阜地裁が女性に年金支給を認めた判決について、男性が亡くなるまで婚姻関係にあった元妻(90)が名古屋高裁に控訴したことが分かった。控訴は11日付。
 男性は2012年に93歳で死亡した。亡くなるまで約40年間、元妻と別居したが、離婚はしておらず、元妻が年金を受け取っている。女性は遅くとも00年以降、男性と同居。要介護状態の男性を介護するなどし、亡くなるまで献身的に世話した。
 国は、男性と元妻に婚姻関係があったとして、元妻に年金を支給している。第一審で、女性は「男性と元妻との間の婚姻関係は形骸化していた」と主張。地裁は女性側の主張を認めた。
 元妻は原告でも被告でもないが、利害関係がある被告側の補助参加人として訴訟に参加している。第一審の判決が確定すれば、元妻は男性の死亡時にさかのぼって年金の受給権を失う。一方、女性は逆に受給権を得られる。(中日新聞)

 ◎上記事は[中日新聞]からの転載・引用です
.....................
〈来栖の独白 2017.5.12 Fri 〉
 女性に年金支給を認めた地裁判決報道以来、気になっていた。元妻は90歳とのこと。その年齢での訴訟、しんどいことだ。裁判は、人を芯から疲弊させる。裁判など、するものではないのだ。「裁判所」と関わらないことだ。
 本件については、故人がなぜ、きちんとしておいてやらなかったのか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉 3歳藤本羽月ちゃん死亡... | トップ | 映画『追憶』を観に行った 〈... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。