高野山側が告訴状提出 八事山興正寺 梅村正昭前住職、横領容疑など 2016/9/14

2016-09-15 | 社会

 中日新聞 2016年9月15日 朝刊
高野山側が告訴状提出 興正寺前住職、横領容疑など
 高野山真言宗の別格本山、八事山興正寺(名古屋市昭和区)が土地売却代138億円を巡り、名古屋国税局から申告漏れを指摘された問題で、総本山の高野山側は14日、罷免された梅村正昭(せいしょう)前住職(68)らが80億円余を不正に支出したとして、業務上横領と背任容疑の告訴状を名古屋地検に提出した。
 関係者によると、前住職は興正寺の財産を適切に管理する立場にあったのに、2014年に東京都大田区のコンサルタント会社と業務委託契約を結んだと見せ掛け、3億円余を支出。14~15年には東京都港区のコンサル会社に28億円余を支払ったとして、いずれも横領した疑いがあるという。
 14年には、真言宗の開祖・空海ゆかりとされる巻物の真贋(しんがん)判定に関する契約を結んだように見せ掛けるなどし、6億円を横領した疑いも持たれている。12年にはスイスの投資会社と資金調達契約を結んだように装い、前住職出資の英国法人に25億円を送金したほか、東京都渋谷区の芸能プロダクション運営会社に出資名目などで2億円を支払ったとして、いずれも背任の疑いもあるという。
 前住職の代理人弁護士はこれまでの本紙の取材に「支出は合理的な契約に基づいており、なぜ刑事告訴の対象となるのか理解できない」と話している。
 興正寺は前住職が在任中の12年、隣接する中京大に貸していた6万6千平方メートルの土地を138億8千万円で売却。高野山側は「宗規に反して無断で売却した」として、14年に前住職を罷免した。前住職は罷免の無効を訴える一方、高野山側も寺の明け渡しを求めて係争中。
 名古屋国税局は寺を税務調査し、15年3月期までの3年間に約6億6千万円の申告漏れがあったと指摘。法人税約8千万円を追徴課税した。
 名古屋地検は、告訴状の受理の可否を検討するとみられる。

 ◎上記事は[中日新聞]からの転載・引用です
----------
興正寺梅村正昭前住職を背任容疑で刑事告訴検討 申告漏れで高野山側 2 016/8/19
八事山興正寺、コンサル社から14億円差し押さえ 現住職、梅村正昭前住職の刑事告訴を検討2016/7/30
興正寺が土地売却益6億6000万円申告漏れ 国税も「一部不明瞭」 (2016/7/30 中日新聞)
.......

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あくまで『公人』のコンプラ... | トップ | 民進党代表選があぶり出した... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。