死刑制度「殺したがるバカども」発言 瀬戸内寂聴さん謝罪「バカは私。94歳にもなった作家で出家者の身で・・・大バカ者」2016/10/14

2016-10-14 | 死刑/重刑/生命犯 問題

瀬戸内寂聴さん謝罪 死刑制度めぐる発言で「バカは私」
 スポニチアネックス 10月14日(金)12時30分配信
 今月6日に福井市内で行われた死刑制度をめぐる日弁連のシンポジウムで、ビデオメッセージで「殺したがるバカどもと戦ってください」などと制度を批判したものの、犯罪被害者遺族らからやインターネット上で批判が殺到した作家の瀬戸内寂聴さん(94)が14日付の朝日新聞のエッセーで謝罪した。
 「バカは私」と題した文章。「今も世界の趨勢に遅れ、死刑制度をつづけている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見であった」とし「バカども」は犯罪被害者を指すものではないと釈明した。
  しかし、SNS上で犯罪被害者をバカ呼ばわりしたととられ、炎上。「誤解を招く言葉を94歳にもなった作家で出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい。お心を傷つけた方々には、心底お詫びします」と謝罪した。
 最終更新:10月14日(金)13時27分

 ◎上記事は[Yahoo!JAPAN ニュース]からの転載・引用です
----------
瀬戸内寂聴さん「殺したがるバカども」発言・・・日弁連が謝罪「被害者への配慮なかった」 2016/10/7 人権擁護大会
.......

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が生家にとって、重い「10... | トップ | 日本政府は台湾を正式な政府... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (k)
2016-10-14 17:29:51
この国では、死刑という刑罰がなくなって欲しいと思う者が心を傷つけられるのは、他愛もないこととして見逃されるのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。