慰安婦問題「県議会の誤った歴史認識が韓国の反日カードになっている」島根県議会の歴史認識をただす会

2013-08-11 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉

「従軍慰安婦」意見書 白紙撤回を訴え 松江・県議会ただす会
産経新聞2013.8.11 02:25
 「従軍慰安婦」問題における河野談話踏襲を政府に求める意見書を島根県議会が可決したのは誤った歴史認識とする「島根県議会の歴史認識をただす島根県民の会」(仮称)の実行委は10日、松江市のJR松江駅前で街頭活動を行い、県議会が可決した意見書の白紙撤回を訴えた。
 約10人が参加し、「県議会の誤った歴史認識が韓国の反日カードになっている」と呼びかけながら、会設立の趣旨などが書かれたチラシ約300枚を通行人に配布。参加した松江市の農業、松本良博さん(86)は「県議会が韓国の応援団になっていることが許せない」と話した。
 実行委は今後も街頭活動などで賛同者を募り、今秋に正式な会を設立したいとしている。
 *上記事の著作権は[産経新聞]に帰属します

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« メディアは「左派・リベラル」政... | トップ | 内閣官房の安全保障・危機管理担... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。