母の死去 そして今、私自身のepilogue 〈来栖の独白 2017.8.11〉

2017-08-11 | 日録

〈来栖の独白 2017.8.11 Fri 〉
 本年2月24日に母が亡くなり、少しずつ「母ロス」の生活に慣れていったと自分を見ていた。
 しかし、母の死と時を同じくして、私自身の人生のepilogueが始まっていた。
 母の成年後見人という立場もあったが、そんなことより母を支えなければという思いが、私を支えていたようだ。母が亡くなってから徐々に、私に張りのようなものが喪われていったと思う。
 母がいれば、母の前では、私は娘だった。が、母のいない今、老女だけが遺った。
 体の具合が悪くなった。若い頃から「首も腰も椎間板がすり減っているので、痛くて当たり前」と医師から言われていた。が、さほど痛みに悩まされた記憶はない。

                                  

 しかし、今週、実家に帰っている間に、首が痛くてならなくなった。
 堪えかねて、実家近くの整形外科クリニックを受診。ロキソニン系の緩和剤を服んだり湿布したりしているが、今も、痛い。死ぬような(死ねるような)病ではない。
 昔在籍した教会のオルガン弾き仲間の友人(3歳上)が、5月と今月初め、手紙を寄越していた。「本年1月からリウマチを病んでいます。ステージ3。オルガンも、ドクターストップ」「多分、発症は10年くらい前」と。
 リウマチの痛み・抱える精神的辛さは相当なものだ、と彼女の手紙から知る。痛みもさることながら、ピアノが弾けなくなることは、私なら想像を絶するほど辛い。これまでの、そして現在の私を支えてくれているのはピアノである。これがなくては生きてはゆけない。怖ろしい。
 流石にこの三日、ピアノを弾いていない。重い頭を首で支えて弾くことが、怖い。
 わが人生の最終章が幕を開けた。(画像;2007年10月11日撮影)
................
追記
 8月は「命の尊さ」との言葉が溢れる。広島・長崎の原爆忌、そして明日12日は日航ジャンボ機墜落事故発生から32年とのことである。ご遺族の皆様のお悲しみは、私などの想像に余りあるし、いかほど歳月が流れようと薄れるものではないだろう。
 ただ、私は「命は何よりも尊貴」との言葉に出会うとき、必ずと云ってイエスの言葉を思わないではいられない。
 聖書は、「肉の命」よりも大切なものがある、と説く。

ヨハネ12章
24 よくよくあなたがたに言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。
25 自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう。

ルカ14章
26 「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。
27 自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ、わたしの弟子となることはできない。

--------------------------------
日々、ピアノに向かう カトリック聖歌を弾き「迎えてください」と祈る 〈来栖の独白〉
----------------
世を去る 友をば かえりみたまえ 死こそは 神への 門出なりせば 2017.3.1  

   
――――――――

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎平和式典 会場近くで無関... | トップ | 『古楽の楽しみ』 ビーバー... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
永遠の命 (あやか)
2017-08-12 21:02:47
お母様が、帰天されて、お淋しい、お気持ちはわかります。
しかし、宥子さまも、出来るだけ、お元気に長生きなさっていただきたいと思います。

☆☆☆私も『肉の命』を超えた、永遠の命というものが有る、と確信出来るようになりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。