ギターマンには、かなわない。(live&radio and more!!)

斎藤誠さん応援サイト「ギターマンにはかなわない。」の姉妹ブログ。
ライブ、ラジオのことが中心です!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

横浜ネブラスカ@横浜THUMBS UP

2002年05月04日 | 2002年ライブ・イベント
Makoto Saito
横浜ネブラスカ@横浜THUMBS UP
2002年5月4日(土)
 
出演:
斎藤誠(Vo,G)
GUEST:
Keison&Caravan
◎演奏曲目リスト
1.太陽の隠れた日
2.夕陽の交差点
3.I Surrender
4.恋は知らぬ間に
5.大切な雨やどり
6.Thread Of Shine
7.初恋天国
8.ゲスト Keison & Caravan
9.ゲスト Keison & Caravan
10.Feel Like Making Love with Keison & Caravan
11.リクエストコーナー
12.黄色いダイアモンド
13.素敵な最後
14.Missing Serenade
15.RAIN

<encore 1>
16.天国の扉 with Keison & Caravan
17.Be My Be My Be My
18.横浜
<encore 2>
19.眠らない僕の想い
 
◆今回のライブは。

5月4日に毎年一斉に、あちこちのライブハウスで行われているMUSIC DAYのイベントなのですが、誠さんはネブラスカの形態で行うことになったものです。ちなみに、ネブラスカとは弾き語り。ブルース・スプリングスティーンのアルバム「ネブラスカ」からとったものだそうです。

私自身は、このハコは2度目。最初は去年の9月だったかなあ。
そのときは、せっかく誠さんライブデビューでしたが、開演まであまり時間がなくって。
横側のテーブルに相席させていただきました^^それはそれでとってもラッキーな席だと判明したのですが。
今回は、入場順がどうなるかわからん、この整理番号って有効なの?などなど情報が錯綜したこともあって、とりあえず早めに行ってみることになりました。

しかし、なんであんなに、ワイワイ言って待ってる時間って楽しいんでしょねー。うん♪

◆本編。

この日は、あの渋谷AXのライブから(いずれ、伝説の、、、といわれるようになるんでしょうか)あまり日がたっていない。
どんな感じで出ていらっしゃるのかなあって感じで興味がありました。
私、実はネブラスカは初めて。今回、いくつかの決まりごと(笑)が、どうもあるようだぞってこともわかったのでした。
入場時には、特大のマイク(Hellまいく?)に、アナログ盤の入ったアタッシュケース(これが後で大活躍をするのだ。)を持って出ていらっしゃるのだ。
しかも、エルビスの真似なんかしちゃうんだから。
(後日、神戸ネブラスカでアタッシュケース粉砕したと聞いたんですが^^その後どうなったんでしょー。修理したのかしらん。実は気になってます。)
あの、フルバンのライブのしっとりした出とは大違い。
いきなり笑っちゃったんですが、そういうことで、ネブラスカはオッケーナンデスカ?

渋谷AXでのお話(一番面白いのはねー、コイツだな、、、と自らおっしゃっていました。当日のライブ収録を見て思われたそうな。えー、それ見たい見たい!!)やら、Careless Memoriesのジャケ写の(うー、正確にいうと中ジャケですか。)こぼれ話やら。
思わず、うぷぷーとしてしまうような、そうぶっちゃけ話に近いですね^^;
また、ライブハウスだと近くにいて、いじりやすいなあと思われる方をいじる、いじる。。。。

誠さんのライブはね、いいっすよ~、ホントに。(貧弱なもの言いですんません。まるで説得力のないワタシ、、、)。
だってね、バンドでもギター1本でも、またスリーピース等でも、、、同じ曲を違うように聞けるのですよ。
しかもね、どれを聞いても、クオリティとってもとっても高いっすーって感じなの。
それなのに、それを大げさにお膳立てしないって感じが私は好き。だって所詮は音楽だもんっていう謙虚な感じとでもいうかな。
どのバージョンがいいなんて、言えない凄さもあるな。それぞれに違うの。これはもう誠さんファン冥利に尽きます。えっへん。
今回は、ツアーで演れなかったもの、演ったもの、それぞれから選曲していました。
ツアーでは演らなかったもので、今回演ったもの、「初恋天国」「大切な雨やどり」、何かは大好きなのです♪

途中、事務所の後輩でもあるKeison&Caravanをゲストとして呼びました。
おおーー、名前は知らなかったけど、見たことあるある。
去年のアロハフェスティバルで見ていたりするのだった。あー――、あの時のーって感じ。
そんなことに気がつくのも嬉しいね♪
2曲オリジナルをやってくれたあと、誠さんも一緒に加わって「Feel like Making love」をガツンと。
これは滅茶苦茶かっこいいんだよねー♪Bad Companyでしたね。

◆リクエストコーナー(^_-)

ネブラスカ恒例、リクエストコーナーがあるそうでして。
ライブ入場時に、アンケート用紙?が配られ、事前に回収。
それをまた本番でいきなりがさがさと、誠さんご自身がお選びになり、リクエストに答えてくださるというものなのです。
えーー、何をお願いしようって悩むところですね、、、これからのためにずっと考えながら誠さんの曲は聞いていかねば(笑)。
聞いていると、実に皆さんいろんなところを突いて来ますね。感心する。
バンドでしか聞いたことがない曲だから、ギター1本でお願いしますとかね。
ドサクサに紛れて(爆)、洋楽を頼んじゃう方もいるし、、、おいおいおいっ。
そうするとね、とりあえず、例のアタッシュケースからほんっっっとに嬉しそうにアナログレコードを探すの。
で、ドサクサに紛れて、、、
おいおいリクエストと関係ないよっていうデビュー当時のジャケとか見せて「オレオレっ!」て指差してるんだもん、、、、一回だけじゃないよ^^
今回は、フルコーラスで「風を抱いて走れ」を演奏されました。
読みきれなかった分もお持ち帰りになり、おうちで読むとのことです。

ちなみに今回のラインアップは。

Change it
Long train runnin' (これだけ、ドゥービーブラザースだよ。)
歯が痛い
風を抱いて走れ

でした。

来年は、20周年。
やはり、何かしら企画は考えていらっしゃる様子。
楽しみだなー。何かしら加担できたら、ほんとーに楽しいよね。
わくわく。
いいですよん、全曲オールナイトで歌い倒しってやつでも^^;

後半は新しいアルバム「Careless Memories」の中から。
あー、このアルバムはどれも素敵な曲ばっかりなんだよね、、、
特にMissing Serenadeでは、誠さん自身「どっちにしようか。」って。
それは、シングルバージョンでいくか、アルバムバージョンでいくか、ということ。
結果として、間奏でクラップのあるバージョンだから、中間をとったことになるのかな。
ちょこっと、コーラスもみんなでお手伝いしてみたり。
わざと、オリジナルより、クラップを長めにとってくれて、嬉しかったなあ。
ほんと、参加できたぞって感じかな。

そうそう。最初の方でやったI Surrenderのコーラスも、誠さんリードで楽しかった。

◆アンコール♪アンコール♪

アンコールでは、Keison&Caravanと天国の扉(Knockin' on heaven's doorでよかったけ?自信ナシ、、)を演奏。
その場で、さささっと打ち合わせた感じがカッコいいんだ~ほんとに。
ああいう「共通言語で話せる」のは、いつもいつも羨ましいと思います。

最後の最後は、眠らない僕の想い。
こうやって、ずっとずっと歌われていくんですね、きっと。きっと。

そういえば。
この日も、ギターの弦切れましたね。何の曲だか、ちと思い出せませ―ん。うーん、悔しいなあ。
スタッフの方が横で弦張り直してましたもんね。
でも、そんなことも予定のうちというふうに私には見てとれました。

わがままな私は、ネブラスカを見るとフルメンのライブが見たくなり、
フルメンを見ると、ネブラスカが見たくなる。。。。

追伸
◎ただ今、絶賛オンエア中の『カフェ・ララル』。
 エフヨコのえらいヒトが「エフヨコの看板番組!!」とおっしゃったそうで、誠さん大変お喜びでした。
 私も嬉しいぞ。

◎アルバムDinnerとNo.9は見つけたら、「すぐ買え」。だそうです。
 私は持ってるからいいけど、、、、(汗)。
 でも、見つけたら多めにキープしとけ^^;?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Careless Memories @SHIBUYA AX | トップ | MUSIC DAY@茅ヶ崎ヘッドラン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む