ギターマンには、かなわない。(live&radio and more!!)

斎藤誠さん応援サイト「ギターマンにはかなわない。」の姉妹ブログ。
ライブ、ラジオのことが中心です!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mona records のお座敷ライブ?!(,ネブラスカ+)

2004年04月10日 | 2004年ライブ・イベント
mona records 最高です^^
・・・・またの名を、お座敷ライブ・・・なんちて
 
2004年4月10日(土)@下北沢 mona records
     
~出演~

斎藤 誠 (vo,gtr)

柳沢 二三男 (gtr,cho)


そもそも。
このライブは、抽選によりチケット販売だったのだ、、、
抽選、、くじ運、、、そういうのがまるで安定しないオイラ、、、
正直言ってスゴク不安なのでした、、
肝心なときに、思い切りコケル、、、そんなことが珍しくない、、、

したがって、結果がすごくコワカッタのだけど、、、

き、奇跡かも、、、、、マジで泣きそになりました。

くじ運の神様、、、味方していただいたのですね、、ありがとうーーーー!!!

奇跡のチケット^^


****************************

いやー、覚悟はしていたけど、、、なんなのこのヒトゴミ。
土曜日の夕方の下北沢。
時節柄、大学生の新歓コンパの時期なんだろか、、、さほど広くはない南口の小さなロータリー?にはヒトがぎっしり、、、
そこで集合して、それぞれ会場へ揃って出かけるらしい、、、
確かに、商店街の入口にあたるわけだし、、いやはや、、スゴイったらないのねえ、、、
本日、そんな街でのライブです。

まずは、、、、この日の会場のお店に行き、チケットの引き換え。
第一印象、、、えっ??この広さ、、一体何人入れるのかな、、、少々コワイ^^;

****************************

さて、、、と。
ライブです。

入口の場所が広くないため、時間を指定されての入場でありました。
会場は、2階なので階段に並んで待つ・・・と。
最終的に何人になったのかな、、、
70人強は入ったのかな、、、

入って向かって左がCDショップのコーナー。
右が、通常はカフェ、、、しかもかなり遅くまで・・・ちうか、翌朝5時とか^^;
これはスゴイ、、、
で、そちらのカフェコーナーがライブスペースになるの。

お話聞いてたとおり、半分くらいが座敷、、、というか、まあお茶の間風かしらん、、
靴を脱いで上がりこむ、、、てな感じかな^^
で、そのお座敷の奥がステージになってたりする^^

私は、お座敷が叶わなかったので(笑)、椅子席。
それがまた、、すごい場所でございましたが、、、、、、、

入場時に、オーダーチケットを買うのですが。
オーダー2つ分。
ドリンクとスナック。スナックは、タコライスと、フレンチトーストだったらしく、、、
今まで、いろいろ見てきたけど、、、「わお、、すごいじゃん、頑張るじゃん!!」て思ったのでした。

*************

20時になると、すぐに店長・・・さんでいいのですやね、、
前説があり、、^^

(なんと、2002年に新宿のタワレコにて「Careless Memories」発売のインストアライブを誠さんがやったとき、、、一緒にMC等、場を仕切ってらした、、、副店長のユキさんでありました!!なんと、ご自分でお店を持たれたのだとかーー、、すごいーーー!!)

誠さん&230さんを呼び込み~♪

すると、、、CDショップの奥がスタッフルーム(楽屋)になってたみたいで、、、、
そこから登場、、、

で。

私の目の前が、玄関といってもいい状態で^^;
スリッパ、靴が並ぶーーみたいな^^
そこで靴を脱いでいかれる、、、という、、、えーーーーっまさか(汗)。
そう、そのまさか、、、誠さんのも230さんのも・・・目の前でっっっ!!!
・・・謹んで、見張らせていただきますんで(蹴)。

ステージに上がられた誠さんと230さん、、何気に後ろを向いてコソコソあやしげな相談、、、
すると、、おもむろに、、、

誠&230「はーーい、どもーーー」
誠「ネブラスカでーす」
230「プラスでーす」

・・・・二人合わせてって・・・・(以下省略・笑)。

そういう漫才コンビの名前だったのかい、、、

というか、そか、、ネブラスカ(正確には、ネブラスカプラス。コンビ名と一緒(激殴!!)♪)だね!!

(230さんは、先日4月5日の440でも見たときとあまり変わらない気がするんですけど、、
Tシャツにカーディガン・・・・そして裸足^^
誠さんは、黒のロングスリープTに、重ね着の半袖シャツがすごくかわいい~~~。
白地に東京の地名が、こまかーーーくカタカナでプリントしてあるの、、そう、耳無し芳一的っていったらわかる?
決め手は、胸元の「シモキタザワ」だったらしいです^^
キャップも、それと色違いだったみたいで、、、うわあいいなーー^^・・・・改めて、、誠さん顔ちっちゃい、、羨ましい、、)

しかし・・・どアタマの異様なテンション、、、大いに笑えました(台詞間違えなくてよかったね^^;)

で、、最初の1曲め「イヤでもたのむよ」は、立ったまま歌われました。
ふふ、間奏の微妙な駆け引き・・・・相変わらずです^^
この曲ね、大大大大大大好きなんですよっ。半端でないくらい。
去年のAXで初めて聴いて、、、きゃーーーー(嬉)だったんですってば!!!

それが終ると、座ってセッティングをば。
向かって左が230さま、、、(エアコンの具合がしきりと気になってた様子。)
右が誠さん、、、しかも、前のお客さんに

「ゆっくりやりましょう。顔、見えますか?」

と、譜面台の高さと自分の座る位置を決めながらお尋ねになる、、、
いつも思うのですけど、本当にそのあたり誠さんには当たり前の動作の一環なんでしょうけど、、、私には、いいなあって思ってしまう。
ある意味、、やっと何年越しかで成功した漫才(以前、長野のライブで失敗したらしい^^;)よりも、「掴まれ」ましたね、、私には。

下北沢は、誠さんが生まれたのが東京の目黒だったってこともあって、子供の頃よく遊んだ場所であったり、、
学生時代に、途中下車もよくされてたみたいで、、、
かの名曲「Don't worry mama」に関する、知られざるエピソードを披露されたり、、、鯖定食の話(笑)。

(まだ、その「ドンウォーリーママ♪」(by ふーみん(ラブリー♪))という歌詞もタイトルもなく、、当時のバンドのメンバーとこの界隈の定食屋さんにて、、、そのお店は鯖焼定食が300円だったので

♪ さばてー さん まる ♪

 とか言ってたらしいのです、、ホントの話らしい、、、)

そうだったのか(笑)!!!!

どこかのネブラスカのリクエストでしか聞いたことがなかったはずの、「リアルミー」。
アルバムで聴いた雰囲気、、そのままがギター2本できっちり再現されていて、、、、
初めて、フルで聴いたかも。すっごく感動してしまいましたよ、、、
やっぱりいい唄です!!

「別れ話は最後に」も、よかったなあ、、、
誠さん、出だしで、リズムを取るも、、チューニングに一生懸命らしい230さん、、、
誠さん・・・

「・・・・・ほったらかし?」(笑)

唄の感じが、その場の雰囲気や誠さんの気分で、すこーし緩く変化した感じが、、、何とも素敵で、心地よかったあ。。

************

途中、店長に向かって、誠さんからクレーム(笑)。
新品の靴下(親指だけ割れてるやつですた^^)が、床の出たとこに引っかかる、、、とのこと。
すると、、、店長ダイレクトにお返事(笑)。
「どこで喋ってるの!」
・・・びっくりする誠さん^^。
実は、最初から工事のヒトに注意は受けてたらしいのですが、、、
「(そのままで)いいでーす、って言っちゃったんです」
誠さんも苦笑い。

(お店の随所に、店長の色が出ていて楽しすぎ、、、イイ場所見つけちゃったなー^^)

************

「Still Crazy After All These Years」は、今まで聴いた中でも力が入ってたんじゃないかな。
何度も何度も(CDに収録されているのは勿論。)聴いたけど、そのたびに微妙に伝わるものが違うの。
まあ、自分の精神状態の良し悪しも影響してるんでしょうけど。
切なく響くときと、とても温かくじんわりと響くときと、、、とにかく誠さんの唄で聴くこの唄は、ほんとに大好き。

「Melissa」は、誠さんのギターだけ。
CDでもお1人の演奏ですが、、、会場の音響とかの響き具合もあってか、、少し感じが違うのですよね、、
演奏が終ると、、お客さんから拍手、230さんからも改めて拍手が(喜)。
すごくいい感じ。

************

15年ぶりに、(「もしかしたら、実際はやったことがあって忘れてるだけかもなんだけど^^;」)歌う曲は、、、
この曲はNYで書いて持って来た2曲のうちの1つ。
1つは、I sing my song for you 。
ライターの萩原健太さんに、「NYにいたのに、この曲ぅ?」と言われちゃったらしいのですけど。
ちなみに、久しぶりにやる曲に関して、、、「柳沢さん宅」にて、当時の譜面がちゃんと保管されていた。
誠さん曰く、230さん・・・「種類が違う」マメさであるらしく、、
誠さんが探せない譜面もちゃんと、整理・保管されている。。。

「これが、片山だったら大変なんですだけど」(←いーんですかっ^^;)

しかし、、これもアルバムに入ってるアレンジを、かなり忠実にギターで再現してるような感じ、、、
ほんとに、あーー、あの感じアノカンジですよん、、
超かっこいい~~♪(・・・すごいボキャ貧^^;)
で、、、「このころは、アレンジ細かいなあっ」て、しみじみ、、、
あ、ちなみに正解は「Pretty Baby, Kiss Me Baby」でしたよん^^

アコースティックギターの響きならではなのかな、、と思った「音楽友達」。
昨年は、20周年の記念ライブを始め、何度も演奏されていました、、フルメンでね^^
とても軽やかな感じでした。
それにしても・・・・この曲はこんなにも「美しい」曲だったのね、、、今まで私ちょっと聴き方が浅かったかしらん、、、少し反省、、、
アコースティックになると、必要最低限のところで曲の輪郭が見えるのかな。
私みたいに、少々鈍感な輩は、、、そこまですっきりとしたときに、やっとその曲の骨格というのかな、、、見えのかもー(汗)。

「He is DEMO TAPE SONGWRITER」
私の記憶に間違いがなければ、、、、
初めて私が誠さんのライブを見た、横浜サムズアップ(2001年秋。)。
その時に聴いた記憶がある、、そのときは、NYでのエピソードを少しお話下さってたような、、
「それじゃ、ダメなんだよ」ってね。
で、今回。
ギター2本で、かなりかなりアグレッシブな演奏だった。
間奏の230さん・・・相当のっかっていってたもん。
うう、、、、もうかっこよすぎ、、、、、、、、、、、

ギターって、いろんな音が出るんだね、、ライブ重ねて見に行く度に、、まだまだウロコがぼろぼろ落ちる。
お店の様子がホントに気に入られたようでして、、、
「いいなー、こういうの。うちの居間に欲しい」(笑)。・・・・前半では、「専属になりたいなー」ってなにげにアピール^^
「CDが少ないとか言っちゃいけません。いいものだけを置いてるんですから!」
それでも、NRBQがたっくさん置いてあったのに、びっくりだったみたいですよ。

(私もあとで、CDコーナーを改めて拝見、、、、そしたら「NRBQ祭り、年中やってます」のハリガミが(笑)
ついでに「はっぴいえんど祭り、当分やってます」(大笑)なんか・・・・いいやねーーー^^)

***************

いよいよのツアーについて^^

ぼちぼち6月の予定も出てきているようでして、、、、
まだ明らかにはして下さいませんでしたが、、、楽しみ♪

しかし、、、「金沢、ホントこわいんだよ」と誠さん。
他人のライブでしか行った事がない。
会場のAZ(アズ)は、地元でも有名な所らしく、、、、
ボソっと「どうしよ」・・・・相当不安らしいです^^;

みなさーん、金沢のライブ、平日ですけど、、都合つく方は応援にいってみませんか~(勧誘してどうするっ。)。
ウソ、いや、、、ホント(笑)。

***************

こないだ、カフェララルの最終回でもやったけど。
クラプトン(デレク&ザ・ドミノス)の「Bell Bottom Blues」(T_T)
おいおいおいおい、まぢ、泣ける。
なんなんだよう、、、(T_T) ギターも泣いている(T_T)
(すみません、取り乱しました。でも、もしかしたら本家のより、、、好きカモ←ぼこぼこに殴ってくだしゃい^^;)

今度ここでやるときは、「リクエスト大会だからね」と、誠さん。
先日のかまやつさんのライブがそうだったのだとか。
しかも、演奏される曲がみんな有名なナンバーばかり。「知ってる知ってる~」^^だって。


東京のライブは、5/21原宿のアストロホール♪
なんと、片山さんとの二人会^^(まだ言うか^^;)
初めての組み合わせ、、酔った勢いで、『やったことないよねー』『うん、やろうやろう^^』って決まってしまったらしく、、
・・・さあ、これからが大変(・・・そうなんですかっ^^;)

***************

本編は、「Waltz In Blue」にて終了、、、

と、同時に、、、

いきなりのアンコール、、、出演者が(笑)。

誠さん「一瞬「えっ」と、思ったでしょ」ちょっと得意げ?!・・・客席の微妙な戸惑いを、少しも見逃しませんでした^^・・・お客さんを困らせてどうする^^;。

3年間レギュラー番組だった「カフェララル」。
やっている間は気づかなかったけど、終ってみて「太いパイプ」がなくなってしまったことを改めて思ったのだそうです。
HPの情報などを探る手がありますけども、、、インターネットを使わないヒト(横に居る、230さんを指差してみたり^^;)には、ラジオがなくなったらどうやって情報を得たら、、、、と考えたのだそうですが。

やっぱり、ひたすら

「いろんなヒトの前に出ていって(回数を増やして)歌うしかない」

じゃないか、、そんなことを思ったそうです。うんうんうん。

アンコールは、
今日は、他のメンバーが揃ってないけれど、、、メンバーの唄、仲間の唄「名もない橋」。

そして、「WOO BABE」。
いつも、間奏で「Loving You」(ミニー・リパートン)のフレーズを織り交ぜられるのだけど、、、
今日はいつもより、長め、、、、に230さんがメロディが奏でられ、、、誠さんも喜んでらしたなあ、、
私も、そこでちょっと「きゅうっ」て来た。
時々、ちょっとしたギターバトルになることもあるんだけど^^ いつもこういうのっていいなあ^^って思う。

で。

あまりにも拍手がどーんと返ってきたからか、、
ほんとは、ここで一旦引き返すところが、、お2人ともそのままステージに残留^^

ふっと始まったのは、
「Goodnight」だった!!
わーーー、初めて聴いたのーー、嬉しい^^
誠さんの、大事な宝物、、、を壊さないようにそっと優しく唄う感じ、、、、、

***************

お2人、ここで退場。

ヲイヲィ、、、、
私の目の前には、お2人の靴があったのだ、、、

「どうもすみません」

といって、誠さんたちが靴をお履きになる、
ドサクサに紛れて、ハイタッチしてもらう。
(きゃー。誠さんの手はあれだけの演奏をしてきたのにも関わらず、少しひんやり・・・)。
以後、楽屋に戻るまでみんなにハイタッチをしておられました^^

拍手はより一層鳴り止まず、、、、、


3度目のアンコール。

黄色のTシャツに着替えられた誠さんが、お1人で登場、、、

「どーもありがとうございますっ!!」

誠さんからのメッセージは、、、

とにかく、皆さんアンテナをはっといて下さい。
いろいろと発信していくんで。
(HPの)更新も、ますますマメになりますよ。

(・・・・がってんだい!! byここの管理人^^)

ホントに予定外だったのかもしれないね。
ナニをやりましょうかって感じで、さらっと始まった、、、
「素敵な最後」
見せ場!!ともいうべき、ギターのソロがあるのですが、、、
ふっと気づいたら、キッチンの若いお兄ちゃんたちてば、、、もう手が完全に止まっちゃって、、、
微動だにせず、、誠さんの一挙手一投足に魅入られてるかのよう、、、あれもすごかったな~。

・・・・誠さんが立ち去った後に流れていたのは、「Missing Serenade」ウクレレバージョン^^

丁寧に、後説も店長さんから入り、、、^^;
無事ライブは終了。

そのまま、お座敷^^に上がりこんで少し喋ってたんですが、、、
店長さん自ら、あ、テーブル変えましょか、、、とか、メニュー持って来ます、、、
とか、ホントにかいがいしい、、、、、申し訳ないくらいでありました。
でもね、カフェの食べ物のメニューもホントリーズナブルでおいしそうだし、、
雰囲気も、お座敷になっちゃうとすごくいい感じ。
何より、、もう終電で帰る気がなければ、、、
居座ってもいい。翌朝までやってるし、、、

そうそう、、、私は椅子で見ましたが、、
お座敷ゾーン^^の皆様、、、見事な体育座りに、胡座に、、、
何とも不思議な、、、でもリラックスしたいいライブでした^^

えと、今回はWaltz In Blueの中に収録された洋楽カバーのみならず、他にもカバーがあり、、、、、、
誠さんの手にかかると、流れがとても自然だから、、、
あとで、曲目リストを眺めていてびっくりする、、、

で、、なんだろ。
誠さんのライブっていろんな感覚をフルに揺さぶられる。
その振り幅が、約2時間の中で相当大きいの、私の場合^^
会場でぼろ泣きしちゃった経験は未だないのだけど、、きゅーーーーーってのは何度も何度もある。
かと思えば、もう椅子から転げるんじゃないかっていうくらいに笑いころげたり、、
誠さんの唄、声、お話されるコトバひとつひとつかみしめていたり、、
フツウ、日常生活を送ってる中で、2時間の間にこれだけの「経験」、まず、ありえません^^
自分のココロが頑なになり過ぎないように、、、しなやかさを持ち続けるためにも(それだけじゃないけど。)。
やっぱり私には、大事な慈しむべきライブなんだなって。改めて確信しましたね、、、
あまり大きくない会場だと、、誠さんが足でリズムを取っている「響き」がこちらにも伝わってくる、、、
同じ音、リズムに包まれてる感じがとても幸せ。

・・・・・で。
次は、どちらに参上すればいいですか、誠さん^^

(2004/4/16 追記等^^)

 
* set list *

1 イヤでもたのむよ
2 Ain't no sunshine
3 大切な雨やどり
4 リアルミー
5 Baby I'm-A Want You
6 別れ話は最後に
7 夕陽の交差点
8 Still Crazy After All these years
9 Melissa
10 Pretty baby,Kiss me baby
11 音楽友達
12 He is DEMO TAPE SONGWRITER
13 Bell Bottom Blues
14 Waltz In Blue

En
1 名もない橋
2 WOO BABE
3 Goodnight
4 素敵な最後
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイケデリックブルーズロッ... | トップ | Martin Club Concert =東京= »
最近の画像もっと見る

あわせて読む