BACK STREET TRUKKER

音楽が一番のセラピー

Mary'sBlood恵比寿Liquid Room

2017-05-18 23:54:00 | 音楽
13日はメアリーを観る為に恵比寿リキッドルームへ。この日は雨。1月のリキッドルームの時や野音は晴れてたが、今回ちゃっきーの雨女パワー全開のようだ。
で、開場。今回チケ番170番代。フロアに入ると5列目あたりに行けたけど、結構前。これは後ろからの圧縮確実だな!と覚悟を決める!
今回はオープニングアクトが付くそうで、メアリーのライヴDVDと同時にソロアルバムをリリースした、やっし~が付くのでは?とか。今話題のLoveBitesが付くかもとか妄想を膨らませてた。
そして、開演前にメンバーによる前説(幕の裏で喋ってるのかな?)があり。オープニングアクトが誰なのか告げられぬまま幕が上がる。
出て来たのは、ポリス帽をかぶった、ベースのRioとドラムのまりりんによる、インストバンド(?)。その名もブルゾンRio With M(爆)!Rioは相変わらずエエ女だなぁ。「今のがO.A.?」と皆が呆気に取られてる間にEYE様、ちゃっきー、やっし~が出て来てRioがあのベースリフを弾きだす。1曲目はまさかのMs.Carrie。やっし~を含まない、4人初のミニアルバム、SCARLETの1曲目。Rio作曲の正に名刺代わりのバッドボーイズ系ナンバー。演奏開始と同時に後ろから圧縮がかかる!正に押し寄せる野郎(ほぼオッサン)の波(爆)!
ちゃっきーのギターは赤きらこ。やっし~はDEANからG-LIFEに変わってた。
続けてBurningBlaze!SCARLETのアタマ2曲がまさか最初に演られるとは夢にも思わなかった。この2曲でアドレナリン大噴火(爆)!
今回のライヴ、Twitterでどの曲が聴きたいか?リクエストを募ってて、SC限定ライヴのよう。久々Ms.Carrieを聴けて嬉しかった。
4曲目あたりで圧縮も弱まり、いくらか楽になった。メアリーをこんな近くで観れたのは仙台公演以来。我が心の女王EYE様が神々しく見える。そしていつもはドラムキットに隠れてて見づらいまりりんもよく見える。彼女がハイハット(クローズド?)をスネアの前に置いてたのをこの日初めて気づいた。
曲はWingsそしてタオル回し曲、Ready to goと続く。今回のセトリは押し引きのメリハリがはっきりしてる気がする。攻めのCrime and PanishmentからI ,lament以降はQueen of the Nightまでメロディックな曲が続き、次はなんと新曲。前回のリキッドルームで演ったのと違い初公開。それもRio曲。ポップでいい感じ。
新曲の次はChange the Fate。数少ない、やっし~の見せ場なのだけど、肝心の彼女のギターソロが聞こえづらかった。
一旦メンバーが引き上げて、まりりんのドラムソロ~ちゃっきーのギターソロ。途中、ソロを止めての仕草が可愛い。本編ラスト3曲は攻めまくる!インディーズ時代のVeronicaを聴けたのは嬉しかったが、DEEPーSIXやセツナ演ってほしかった。
アンコールは7弦ギターと5弦ベースがスタンバイしてたので、てっきりAngel's Ladderかと思ってたら、この日2曲目の新曲。SCARLET期を思わせるアッパーな曲。ライヴの定番になりそう。
弦楽器隊が6弦に持ち替えのMoebius Loop。ハモリの部分でやはり、やっし~のギターが聞こづらい。次にCampanulaが来たのは嬉しかったけど最後までやっし~ギターが聞こえづらかった。ラストはPromised Land。ちょっと音のバランス面でちょっとなぁと思った事はあったけど、やはりパフォーマンスは強力!メアリーを観るたびに思うけど、ますますメアリー中毒が重症化するのであった(爆)!
この日のセトリ。メンバーのTwitterから。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エコーラインコブ練(春の部活... | トップ | 夢華生誕祭enn3rd »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL