フォトリーフつれづれ

連れ合いとの気ままな写真日記
第22回土門拳文化賞奨励賞受賞「声がきこえる」

壁際

2017-05-26 | 日記






これは大分前に撮ったものだが
犬山の町中の民家の壁際。
水回りや光熱関係の器具や配線が
設置してあるのだが、その形や
色具合が結構面白いのだ。
久しぶりの雨で、植物たちの
緑が一層濃く重たくなってきた。
週末は、またその植物たちとの
格闘だ。
             Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミズキの花

2017-05-26 | 日記




さて俳句では、木に咲く花を
木の名前を言うだけではだめで
ミズキならミズキの花というのが
正しいらしいです。
花みずきとは違うので
前に花をつけられません・・そうすると
後ろに花をつけることになりますが
字あまりになってしまいます。
気に入って「プレバト」をみていますが
俳句もなかなか難しいです。
清楚なミズキの花ですが
撮影はこれもやっぱり難しいです。

           m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色模様

2017-05-25 | 日記




田植えが終わったばかりの
水面に黄緑色の模様が
出来ていた。
藻の発生によるものなのだろうが
夕方の光の中で、目が覚めるほど
鮮やかだった。
久しぶりの雨で、植物の緑が
より深く重たくなっていく。
梅雨の走りを思わせる今日の空気だ。
                 Y
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミズキ

2017-05-25 | 日記




二年越しにやっと見ることが
できました。田舎の方では
よく見かける木の花なんですが・・
去年はどこにも咲いていませんでした。
一枝にびっしりと花をつけます。
まるで白いテーブルが森の中に
突然できたように見えます。
花ミズキやヤマボウシと同じ系統なので
大変な花数なんですが
白なのでとても清楚です。

           m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の山里

2017-05-24 | 日記




山里も「竹の秋」の季節。
タケノコに養分を奪われ
黄色くなった竹の葉が目立つ。
今年はまだ「麦の秋」は見ない。
廃道になった道筋に、ひっそりと
ミズキが花をつけていた。
              Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕刻

2017-05-24 | 日記




今は、一年の内でおよそ
昼間の時間の一番長い時です。
山里の道にまだ陽が薄く残っていました。
刻々と陽が陰っていく様子が
手に取るようにわかります。それに伴って
辺りの色合いが沈んで落ち着いてきます。
車の並びも何となく一日の終わりを告げて
夕刻のホッとできる時間帯を
演出していました。

            m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹林の光

2017-05-23 | 日記




竹林の中に差し込んでいる光も
美しい初夏です。こちらでは、
ちょっと暑すぎますが・・
優しい木漏れ陽の中にいる
蜻蛉は幽けき存在を見せています。
樹々の間を抜けていく風は
今は湿気を含んでいないので
どこか軽やかで、心が癒されます。
こんな時、田舎はいいなと
しみじみ思います。

          m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水の季節

2017-05-23 | 日記




田舎の家の前の田が
代掻きが済み、水の濁りが取れて
空や周りの景色が反映している。
これから田植えまでの僅かな時間、
水が風景の中心となる。
陽が落ちるに従い、空の色に連動して
水の色も変化していく・・・
               Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田毎の太陽

2017-05-22 | 日記






田毎の月、確か信州の姨捨の棚田あたりの
月が有名だったと思うが、水田の一枚一枚に
月が写っている・・
実際にそんな光景があるのだろうかと疑問に
思っていたが、先日農作業の合間に
代掻きの済んだ棚田を見ると、
それぞれの田んぼに太陽がまぶしく反射している。
ところがしばらくしてから見ると
3枚目の写真のように太陽の反映は手前の一枚の田んぼのみ。
どうやら太陽の位置と見る角度の関係のようだ。
月の光でも同様の情景すなわち「田毎の月」が映ることが
照明されたことになるが、田んぼがこの状態である期間は短いのだ。
田んぼの水面が澄んで、月が満月に近く、しかも晴れていなければ
ならない。更にこの位置から撮ろうとすると
時間的には夜明けに近いころになるだろう、
となると、なかなか難しい条件なのだ。
というわけで、今年も「田毎の月」は撮れそうもない。
                           Y
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

シャガ菖蒲

2017-05-22 | 日記








日蔭の花ですが
自然界の造作には
惚れ惚れします。
精巧で色合いも優しく
良くこんなに細やかな縮れや
斑点まで入れて咲いていると
感心します。群生しているのも
風情があります・・でも
よく見かけるので見過ごして
気にかけないでいるのですね。
暑いけれど・・暦の上では
まだ初夏なんですね。
どこかの誰かと同じで、やっぱり
身体がだるいです・・



          m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加