フォトリーフつれづれ

連れ合いとの気ままな写真日記
第22回土門拳文化賞奨励賞受賞「声がきこえる」

田舎の花

2016-06-30 | 日記




田舎の元田んぼだったところでは
ジギタリスが終わり,変わってタチアオイが
咲いている。これだけ植えた覚えもないのだが
随分株も増えた。
花桃の下のハナショウブも今が盛り、
下は雑草がはびこっているが、背の高い花は
少し離れてみると存在感がある。
石垣のユキノシタはまだ花が続いていた。
                    Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物園 2

2016-06-30 | 日記






1枚目はオニバスです。
リズミカルに並んでました。
2枚目がエアープランツです。
枝先から紐の束のようなものが
ぶらさがっていました。
これでも立派な植物です。
誰かが掃除してぼろぼろの
モップをひっかけたのでは
ありません。
3枚目は名前を忘れましたが
棕櫚系のものです。
 
            m

訂正  エアープランツですが間違いです。
根がなくて空気中の水分で生きている植物です。
ですから、ここでは、やはり誰かがこの棒のようなものに
ひっかけたというのが正解でした。
改めて変な植物ですね!

            m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿御苑

2016-06-29 | 日記






新宿御苑まで行ってみた。
初めて行ったのは一昨年の秋、
きらりの例会の時だ。
その時は案内してもらったので
迷うことなく行けたが、今回は
地図を頼りに、時々人に道順を尋ねながら
ホテルからふらふらと歩いた。
苑内に入って、前回見た区域が、御苑全体の中の
ほんの一部だったことが分かった。
都会のど真ん中の広大な緑地だった。
                   Y

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物園

2016-06-29 | 日記




新宿御苑の中にある温室です。
この前来たときは余裕がなくて
ここまでみることができませんでした。
エアープランツなどという
得体の知れない植物(後日アップ予定)もあって
面白かったです。
入口付近の人の列?実際はこれほど
並んでいません。縦割りの窓が
不思議な光景を見せていました。

          m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京街角

2016-06-28 | 日記






街を歩きながら目に入るものを
気ままにスナップしていくことが
好きです。東京ともなると
奇抜な看板があって・・
見慣れた交通標識だって
悪戯されるほど近くに
これでも目に入らぬか・・というように
デーンと構えています。
田舎ではこういう自己主張は
ありません。たまに刺激的な街も
写真的に撮るものに苦労しないところが
楽ちんですね。


          m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都会の明かり

2016-06-28 | 日記






先回の東京行の続き。
夕食に出た後、またホテルの周辺を
うろうろしてみた。
こちらや田舎とは全く別の明かりが
都会の夜を彩っている。
舗道に滲み出している散水の
筋にも、都会の色が滲んでいた。
週末田舎で、今年初めてホタルが
飛んでいるのを見たが、
全く別の色だった。
             Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都会の視線

2016-06-24 | 日記




夕方のビル・・月も出ていますが
怪しい視線を感じます。
人間の世界が埋没して
一部に灯った灯りが別のものに
見えてくるのは気のせいかも・・
ビルが・・交通標識が・・黒く沈んで
動き出しそうな都会の怪でした。

          m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマボウシ

2016-06-24 | 日記




去年の秋、枝が伸びすぎて
雪が積もると枝が垂れてしまうので
大分切り詰めた。
そのせいか、花が密になり、
その一つ一つが
例年より大きい気がする。
もう花の時期は終わりかけたが、
秋になると真ん丸な実が垂れ下がるのだ。
                   Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暮れるころ

2016-06-23 | 日記






夏至が過ぎたとはいえ、
天気が回復すれば、日の長さが
際立つ。
昨日は夕方から雨模様だったが、
今日は朝方の激しい雨も一気に上がって
今は涼しい風か部屋の中を吹き抜けている。
蒸し暑さも一段落だ。
それにしてもちょっとした気圧配置、前線の
動きなどで、これほど天気が変わるものなのだろうか。
写真は少し前の田舎の夕景。
                 Y
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都庁周辺

2016-06-23 | 日記








大きな通りを挟んで
向こうは歓楽街のようです。
写真を撮りたいような・・撮りたくない
ような・・面白そうでもあるけれど
きっとトラブルもありそうで・・
あちら側へ足がむかないのです。
とりすましたビル群の中は
歩いている人もまた違っていて
どこか存在が希薄になってきます。
もっぱら陽射しと影、ビルの位相など
都会の植物などにも目をやって
歩いていきました。


            m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加