フォトリーフつれづれ

連れ合いとの気ままな写真日記
第22回土門拳文化賞奨励賞受賞「声がきこえる」

俗界富士 4

2017-02-09 | 日記






しかし考えてみると・・雲一つない天気は
ピーカンと言って、モノクロではあまり
好まれなかったような気がします。
こうあからさまに丸見えの富士では・・なんて・・
人間の勝手な思いが見え隠れしてきます。
どこを向いてもまるで書割のようで
で~んと大きな顔をしているじやないですか。
私たちは、まるでお釈迦様の掌の上で
酔って踊らされていたのではないでしょうか・・
人間世界を見下ろしながら
あっけらかんとして富士がそこに存在していた。
ただそれだけで充分・・
たぶん!

             m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士を堪能した日 3 | トップ | 俗界富士 影 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。