フォトリーフつれづれ

連れ合いとの気ままな写真日記
第22回土門拳文化賞奨励賞受賞「声がきこえる」

秋日より

2016-11-02 | 日記




田舎の雑草苑はそろそろ
晩秋の気配がしています。
陽は暖かいのに風が冷たくて
思わず肩を竦めるときがあります。
シュウメイギクの残り咲き
杜若の二度咲き・・三度・四度・五度咲き
伸びている茎ごと刈り込むと
何度でも花をつけて咲いてくれます。
健気な花です。歪んだ茎が愛おしい・・

         m
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋深く 1 | トップ | 秋深く 2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (和子)
2016-11-04 09:17:54
え、五度咲き??!!すごい!
お花の写真、いつも素敵です。
でも、こんな秋の植物の終わりの写真も風情がありますね。季節感満載の素敵な写真集、いいですね(^^)v

それにしても、柿酢って、なんですか?
秋の日 (m・マサ子)
2016-11-05 15:23:37
和子さん‥言葉の勢いで五度咲きとなってしまいましたが杜若は根元から切れば、夏の間に何度も何度も新しく花をつけてくれます。今年は三度くらい切り戻しました。
柿酢は、渋柿を洗わず拭かずそのまま、ヘタだけとって瓶に漬けこんでおけばできます。柿の表面に酵母菌が付いているのでそれが醗酵して御酢になるのです。なにもしないで酢になるのですから、こんなに簡単なものはないのですが、ちょっと熟した柿がいいです。途中、ぐちゃぐちゃに柿をつぶして熟成したらカーゼでこして出来上がりです。まろやかでおいしい御酢になります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。