フォトリーフつれづれ

連れ合いとの気ままな写真日記
第22回土門拳文化賞奨励賞受賞「声がきこえる」

2017-07-15 | 日記




名のある杉ではないように思いますが
この根から想像する木の姿は
凄いものがあります。大地をひと掴みにして・・
村に君臨して・・余りあります。
乾いた木肌が人の部位を思わせて
単に生命力があるだけではなく
何かしら不気味な念のようなものを
感じずにはいられません・・


あっついですね!こちらでは蝉が鳴き
田舎でも蜩がなき、梅雨明けなのでは・・と
皆さまお体お大事になさってくださいませ。


             m
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カワゲラとバラ | トップ | 山裾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。