なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

オオイヌフグリ(オオバコ科・クワガタソウ属)越年草

2017-03-15 15:51:05 | 草花
 晴れた日に公園でオオイヌフグリを撮りました。
青い可愛いこの花は、道端にも野辺にも至る所に広がっているのがよく見られます。
茎は、地を這って横に伸び広がり、あまり高くは立ち上がりません。
 雄しべは2個で、内側に向き合ってカーブしています。黒い葯が割れて白い花粉を出しているのが
見られました。雌しべは1個で、雄しべとは微妙に違った角度で伸びています。
 4裂している花冠の裂片は、大きさが同じではなく、1個だけやや細いようです。そして、
雌しべは、この細い裂片の方へ傾いているように思いました。
 花は、一日花で、日光の射す時だけ開きます。萼が閉じて、花冠がポロリと落ちる時、自家受粉を
する場合も多いということです。花冠裂片の大きさの違いは、この自家受粉に都合よくなって
いるのかも・・・と、思いました。
 ぷっくり膨らんでいる果実はないかと、探したのですが、見当たりませんでした。






































ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セツブンソウ(キンポウゲ科... | トップ | 寒さに耐えて・・・。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何処にでも… (林の子)
2017-03-16 16:35:59
広がり過ぎても、誰も邪険にはしない草ですね。
誰もがご存じなのですが、一部の方は酷い名前だから変えましょう…などと、ブログ上では幾つも変な名前が書かれていますね。
別に自分一人で別の名前を付けるのは良いのでしょうが、逆差別を感じてしまいます。

最後の画像で葉が緑から茶色がかってきた部分を反対向けにすればもう幾つも果実が出来ている筈ですね。
その前に、花冠が萼から抜け落ちた直後は、しっかりめしべまで確認で済ます。
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/790b9d4c9164fc80a016af3c9062fba7
時には、コゴメイヌノフグリ…と間違えられる、白に近い花も見つかったりと、手軽に身近で楽しめますね。
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/4fe957b6373e34989bbc0fed7b1509f1
林の子さまへ (なずな)
2017-03-17 13:14:40
こんにちは。コメント有り難うございます。
オオイヌフグリは、星の瞳などと呼ばれる方もおいでのようですが、あまり呼び名には、こだわっていません。
膨らんだ果実の見つけ方を教えて下さって、有り難うございます。たくさん見つけました。
林の子さまのブログで、花冠の抜け落ちた後の雌しべ、見せて頂きました。
暖かくなって、野辺も賑やかになりますので、出かけたいと思っています。

コメントを投稿

草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。