なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

ヒメウズの果実と種

2017-05-17 18:40:10 | 草花
 過日、ある方のブログで、ヒメウズの果実が弾けて、種の出ている画像を拝見しました。
それで、何とか自分でも、この、豆のような果実が、弾けているところを見てみたい・・と
思い、何度かここへ通いました。
でも、この辺りは、比較的気温が低いためか、なかなか弾けてくれません。
 そして、とうとう今日、弾けているところを見ることが出来ました。よく見ると、まだ
小さいながら、花をつけているものもあり、弾けていない若い実もありました。




4月11日撮影





5月11日撮影





5月17日撮影














ジャンル:
植物
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハルジオン(キク科・ムカシ... | トップ | スイバ(タデ科・ギシギシ属... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヒメウズ大好き♪ (れんげ)
2017-05-18 07:36:10
なずなさん
おはようございます。
ヒメウズ、小さくて可愛い。
私は毎年、石神井公園の群生するところがあって
そこに見に行くのを楽しみにしていたの。
この頃は、お散歩途中でも見つけることがあって、
知っている方のお庭にたくさん咲いているのを見つけて
戴いてきて植えてあります♪
小さいけれどよく見るとオダマキに似てるのが解るね♪
ごめんなさい。 (なずな)
2017-05-18 10:12:59
林の子さま ごめんなさい。
5月15日に頂いたコメントに気がつかなくて、お返事をしないでいました。
前にも、同じ失敗で大切なブロ友さまを怒らせたことがありましたのに・・。
今日は、どっきりして、意気消沈しています。
ブログを更新すると、それまでのコメント欄を見直すのを忘れてしまうのです。
もう、かんべんして下さいと申し上げても、手遅れなのでしょうね・・。
今まで、いろいろ励まして下さって有り難うございました。
お悔やみ申し上げます。 (なずな)
2017-05-18 10:28:45
林の子さま お母上のご不幸お悔やみ申し上げます。
今、林の子さまのブログを見せて頂いて気がつきました。100歳とは、ご長寿を全うされたのですね。
林の子さまの細やかなご介護あってのことと思います。
大変な時期にわたしの失礼を重ねてお詫び申し上げます。
ありがとうございます。 (林の子)
2017-05-18 13:12:42
自宅で看取る事を決めていましたので、一番大変だったのは女房どのだと思います。
ブロクコメントの事、それぞれの事情があることは承知の上でコメントを書く側は気をつけている積もりです。
ですからコメント返しが幾ら遅くとも、それに立腹するようだと失格でしょうね。
中には自慢話ばかりのコメントもあるようですから、返される方も大変なことだと思います。
お気になさらないで下さい。
私のページは、画像とは無関係なことも好き勝手に書き殴っていますから、書かれているコメントへの返信?も、かなりいい加減です。
ほっとしました。 (なずな)
2017-05-18 19:29:26
林の子さま お便り有り難うございます。
もう、これからはコメントが頂けないかも・・と落ちこんでいましたが、お便り頂きほっとしました。
ご夫妻の手厚い介護を受け、ご自宅で看取られたお母さまは、お幸せだったと思います。
わたしも、こちらの両親が同じ頃に病気になり、先に姑が亡くなってからも、寝たきりで、要介護5だった舅を5年あまりお世話しました。
60歳代だったので、出来たと思いますが、ご苦労は、よくわかります。
これからは、返コメが遅れないように気をつけますので、またコメント下さいね。
れんげさんへ ヒメウズ可愛いですね。 (なずな)
2017-05-18 19:40:09
れんげさん こんばんは。コメント有り難うございます。
ヒメウズ、お宅のお庭に植えてあるのですか!
オダマキに似た可愛い花ですね。こちらでは、曽根沼公園まで、出かけないと、
家の周りでは、見かけません。実が弾けて、種が出てくるのも、だったらご存知でしょうね。
このことを教えて頂いたのも、↑の林の子さまです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。