なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

キンエノコロ(イネ科・エノコログサ属)一年草

2016-10-08 15:43:00 | 草花
 公園の一角にキンエノコロの群生している所がありました。陽射しを透かして見ると、たくさんの毛が
金色に輝いて、綺麗に見えます。
蟻かアブのような小さな虫が花穂にとまっています。その前に雌しべらしきものが見えましたので、すぐに
ピントを合わせてみました。他にも少しだけ雌しべや、雄しべの葯が見られました。もう、種らしきものも
出来ていたりで、一つの花穂が一斉に花を咲かせ、果実を実らせるのでもないようです。
コツブキンエノコロというよく似た種類もあるそうですが、違いがよくわかりません。







































ジャンル:
植物
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメジソ(シソ科・イヌコウ... | トップ | カゼクサ(イネ科・スズメガ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-10-09 20:15:30
こんばんは。
陽の光が透けたキンエノコロが綺麗ですね。
全てピンがバッチリで、見ていて気持ちが良くなるほどシャキとした画像です。

今日彦根からの帰りに、曽根沼公園へ寄って来ました。
このキンエノコロも見てきましたが、今日は曇天でこんなに輝いた姿は見られませんでした。
Unknown (なずな)
2016-10-10 14:48:29
takayanさま コメント有り難うございます。
たくさん毛のはえた植物は、光を透かして見ると、綺麗に見えますね。
カメラで撮ると、明るさが強調されるように思います。
肉眼では、自動的に調節して見えているのでしょうね。
ピンが合っていると言って下さって有り難うございます。
takayanさまに認めてもらえることは、そうありませんので嬉しいです。
曽根沼に来て下さって有り難うございます。今は、沼がヒシなど水草に覆われていて憂鬱です。
冬にやってくるカモたちが来てくれるか、心配です。
エノコログサ (林の子)
2016-10-12 14:36:45
雑草類には、生育環境での変異などがある事を認めると、微細な区別などは学者の範疇…と言う方が多いですね。
ブログの中で専門的な話や、詳しい区別方法を展開することよりも、きれいだなものをきれいに撮っているだけの方が気楽で長続きすると思っています。
ただ自分で納得して区別できれぱ、それに越したことはないですし、調べる楽しみの一つにもなりますね。
個人的なブログの楽しみ方、正解を追いかけて苦労するより何となく程度で続けている方が気楽です。
Unknown (なずな)
2016-10-13 13:39:13
林の子さま コメント有り難うございます。
コツブキンエノコロとキンエノコロの違いは、花穂の長さの違いくらいに理解しています。
よく似た草花がよくありますが、冠毛の長さなど、難しい差異は、ちょっと苦手です。
慣れれば、全体の感じで区別がつくのでしょうが・・。
わたしも、あまりこだわるのをやめて、気楽に楽しむようにします。

コメントを投稿

草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。